SEOを施したブログの具体的な書き方ってどうやるの? 「これだけで一日、1000人に読まれる記事が書けるようになる」とは?

スポンサーリンク
SEOブ ログ
スポンサーリンク

ぼくが今までやってきた体験の中で、SEO戦略を施したことにより

ブログのアクセスが今までの2倍に増えたことをご報告します。

結果的にぼくがやってきたことが正しかったのが証明されたわけです。

日々、ぼくのブログを読んでくださっている読者の方からの質問が増えており、

その中でも、ブログアクセスに関する質問をよくいただきます。

なので、ブログのアクセス数が増えないという悩みを抱えているあなたの為に

この記事を公開しようと思い立ったわけです。

この記事を読むことで、少しでもブログアクセスが増えなくて悩んでいる

そんなあなたのお役に立てばと考えています。

分かりやすく具体的に説明させていただいておりますので、

戦略的SEOを実行してあなたのブログの書き方を見直してください。

きっと、あなたのブログアクセス数は驚くほど伸びると確信しています。

スポンサーリンク

SEOを施したブログの具体的な書き方ってどうやるの?

 

SEOを戦略的に施してあなたのブログを画期的に変える書き方のヒントをお伝えします。

そのヒントはこちらの5つです。

ヒントその1、タイトルにはキーワード入れ、ちょっと大げさ気味でOK

ヒントその2、アイキャッチ画像を入れ、視覚的にうったえる

ヒントその3、記事の書き始めでは、見出しを書く

ヒントその4、見出しを入れて、段落を作る

ヒントその5、科学的根拠を提示する

それでは、一つ一つ順番に説明をしていきますね。

ヒントその1、タイトルにキーワード、ちょっと大げさ気味でOK

あなたがブログで稼ぎたいと思い、少しでもSEOを学んだのであれば

「タイトルにキーワードを入れること」は習っていると思います。

しかし、タイトルにキーワードを入れても読者にクリックしてもらわなければ

お話になりません。

クックしてもらうためには、ちょっとくらい大げさぐらいでちょうどよいのです。

それでは、クリックしてもらうにはどうしたら。。。

それは2部構成を意識して書くことです。

例えば・・・この記事のタイトルのように・・・

SEOを施したブログの具体的な書き方ってどうやるの?
「これだけで一日、1000人に読まれる記事が書けるようになる」とは?

これを考えてみましょう。

前半の「SEOを施したブログの具体的な書き方ってどうやるの?」の部分で

キーワードの「SEO ブログ 書き方」を入れています。

そして、後半部分の・・・

「これだけで一日、1000人に読まれる記事が書けるようになる」とは?では

少し大げさっぽく書いていますが、これならクリックしたくなりませんか?

意図的に、クリックさせるようなキャッチーなタイトルにしているわけです。

なお、タイトル付けは大切なので、こちらもチェックしておいてください。

クリックされやすいタイトル17選【先人の知恵を取り入れよう】

ヒントその2、アイキャッチ画像を入れ、視覚的にうったえる

これは心理学的にも実証されている事実ですが・・・

人というのは視覚的な情報が何より先に飛び込んできて、

無意識的にどうするかについて判断を下しているというのです。

要するに第一印象ですよね。

初対面の人と接したときに感じるファーストインプレッションのことです。

初対面で合うか合わないかを話をする前から、ある程度決めているのです。

ブログに話を戻して考えたときに、あなたが何かを調べたいと思い

検索して出てきた記事を一瞬にして、読むか読まないかを判断しています。

これって、よく考えてみてください。

そのサイトのデザインだったり、目に飛び込んでくる画像などにより

瞬時に判断しているのです。

このように、記事を良いものを書くのは当たり前ですが、その前に心を引き付ける

画像を随所にいれ視覚的にうったえることが大切になるのです。

ヒントその3、記事の書き始めでは、見出しを書く

記事の書き始めでは、見出しを書くということは・・・

この記事ではどんな内容が書かれているのかを記事の冒頭で書いて、

読者がすぐに記事の内容がわかるようにすることです。

せっかく、タイトルや画像などで見てくれている読者に、

本文を読んでもらうため書き出しは大切なセクションになるのです。

 

それでは本文を読んでもらうためには冒頭で何を書けばよいのでしょうか?

チョット考えてみてください。

それは次の4項目です。

記事によってはこれら4項目をすべて書かなくてもよい場合もあります。

■軽い自己紹介

■誰に向けての記事なのか?

■この記事はどんな記事なのか?

■この記事を読むメリット

軽い自己紹介では自分のちょっとした権威性があれば、それを出しましょう。

権威性というのは、これから内容を見ようとしている読者に対して

「この人が書いているなら信用してもいいだろう」と思ってもらえるような

内容を書くと良いでしょう。

具体的に言えば、月間、30万PVのブログを運営しているだとか、SEOに関してなら

4年越しのSEOマスターだとかです。

このときに根拠になる画像や動画があればなおさら良いでしょう。

誰に向けての記事なのかでは、具体的に疑問を提示して

その疑問に答える形をとることです。

例えば・・・

「ブログのアクセス数が上がらないことで悩んでいる人」に対して

今回の記事を書こうと思いました。などど書くのです。

この記事を読むメリットでは・・・

この記事を読んでもらえれば、あなたの今持っている悩みや疑問は解決できますよ。

みたいな言い回しで、メリットを伝えてあげるのです。

ヒントその4、見出しを入れて、段落を作る

見出しを入れて、段落を作る作るということは、文章設計をすることです。

見出しを決めていくことで、文章の骨組みが出来上がります。

見出しにはキーワードを入れていくのはもちろんですが、見出しタグ

hタグの使い方も階層を正しく使い分けることも大切です。

ここでは見出しタグ、hタグについては言及を省きますが、大事なことなので

必ず、チェックしておいてください。

【初心者必見】見出しタグの使い方って知ってる?【徹底解説】

見出しを考えると自然に、文章構成が出来上がります。

文章構成が出来上がれば、見出しに沿って本文を書いていくだけです。

本文にもキーワードをちりばめ、キーワードに関連するワードもできるだけ使い、

誰でもが理解できるような分かりやすい言葉で書くことです。

文章構成の詳細な考え方を習ってください。

【分かりやすい】ブログの文章構成の書き方とは?3つの手順を解説

ヒントその5、科学的根拠を提示する

科学的根拠を提示するというのはSEO的効果は絶大です。

なぜなら、Googleが評価を下す項目に独自性というものがあるから。

例えば、あなたのブログのGRCのデーターなどを載せているのであれば

そのデーターは世界に一つしか無いあなただけのオリジナルなのですから。

オンリーワンということですね。

科学的な根拠を示すというのは、このように独自性をアピールすることにつながり、

Googleがブログやサイトを評価するのに欠かせない要素なのです。

なお、GRCの他にもあなたの科学的根拠を提示するものがあります。

それは、Search ConsoleとGoogleアナリティクスです。

スポンサーリンク

SEOを施したブログ記事の書き方:まとめ

 

SEOを施したブログ記事の書き方について説明をしてきましたが、

分かっていただけましたか?

初心者の方にはちょっと難しかったかもしれません。

でも、心配しないでくださいね。

誰でも初心者の時には同じですから。

何度か繰り返し、この記事を読んでもいいですし、少し日時を置いてから

読み直すと、あなたが違うことを学んだものと今回の学びが融合して

分かったりなんかすることがありますから。

焦らないで、自分で腑に落ちるまで読み返してください。

そうすることで、全部がいっぺんに分からなくても徐々に徐々に

分かるようになってくるはずですから。

くどいようですが、おさらいをしておきましょうね。

■タイトルにはキーワード入れ、ちょっと大げさ気味でOK

■アイキャッチ画像を入れ、視覚的にうったえる

■記事の書き始めでは見出しを書く

■見出しを入れて、段落を作る

■科学的根拠を提示する

以上・・・

SEOを施したブログの具体的な書き方ってどうやるの?
「これだけで一日、1000人に読まれる記事が書けるようになる」とは?

・・・でした。

今回の説明はこの辺で終わりにしたいと思います。

この記事が少しでもあなたのブログアクセスを上げるのに

お役に立てるよう祈っています。

なお、思わずクリックしたくなるようなタイトルのつけ方については

こちらの人気記事をチェックするとより深く、理解できるはずです。

ブログは成功者から学べ|パクるものはできるだけパクる 最高PV数554万、今でも300万PVの個人ブロガーのブログをパクる

コメント

タイトルとURLをコピーしました