SEOを考えてブログのタイトルを変えてみた結果? SEOマイスターが今まで誰も知らなかったGoogleの査定基準を2つ導き出した!!

SEOブ ログ
スポンサーリンク

読者の方に、いつも感謝している。

読者の方があるからこそ、毎日良い情報をお届けしようと思いブログ更新ができている。

もしも、読者の方がいなければ、ぼくのようなものはブログが続かないかもしれない。

だから、いつも感謝している。

そんなぼくを頼ってくれて、読者の方から良く質問をもらうことがある。

その中で、多い質問はというと・・・

ブログのアクセスが集まらないので・・・

「既存のブログのタイトルを変える」という暴挙に出るのはどうですか?

このような類の質問が結構、多い。

なので、今回は・・・実験をしてみたいと思います。

仮説としては・・・

「SEO的にブログのタイトルを変えると効果があるのかどうか?」です。

ネタバレをしておきますね。

この記事を読むことで、Googleのブログ評価の判断基準が2つ分かりますよ。

なので、最後まで読んでいただきその2つの情報をあなたのブログ運営に

活かしてください

スポンサーリンク

を考えてブログのタイトルを変えてみた結果?

 

今回のテーマというか、狙いはタイトルを変えたらどれだけ順位が変わるかです。

この実験をなんですることになったかというと・・・

Googleの判断基準2つが分かったからです。

その2つの判断基準というのは次の2つです。

判断基準その1、記事のコンテンツ(内容)の良し悪し

判断基準その2、被リンクの数

そして、今回の実験で対象になるのはコンテンツの良し悪しです。

本文を書き換えると分析が多種多様になるので、今回は本文の一部でもある

タイトルをいじってみることにしました。

実験を始まる前にちょっとチェックというか注意点を。。。

それは今回のGoogleさんの評価基準項目「被リンクの数」についてです。

ブラックSEOと言って、サテライトサイトから自分でリンクを充てるSEOは

今でも効果は認められますが、絶対やらないでください。

なぜなら、違うサイトからリンクを充てるわけですが、あくまでも自作自演。

高性能化されたGoogleではいつかは見抜いてしまうもの。

ぼくの仲間も随分、自作自演がばれてブログが圏外に吹き飛ばされました。

幸い、ぼくは自作自演は一切していないので吹き飛ばされていないのですが・・・

なので、自作自演はしないで自然に第三者からリンクをあててもらうのを待ちましょう。

これが元来あるべき姿ですから。ホワイトSEOと呼ばれている奴ですね。

ちょっと、余談が長くなりましたが・・・いよいよ実験開始です。

SEO的にはブログのタイトルをいじくるのはどうなの?

こんな実験をして楽しんでいるのはぼくだけかもしえませんね。

せっかく、ある程度の検索流入があるというのに下手にいじったら・・・

などと、いらぬ欲をしり目に実験GO!

お題になる記事はこちらの記事です。

【プロアクティブ】定期購入の3つの解約方法とは!?

この記事はペラサイトという記事でして、一つの記事で完結している記事です。

この記事は「プロアクティブ 解約」というキーワードで3か月後くらいから

3位に定着をしていました。

このタイトルを以下のようにいじってみました。

え!まだ知らないのプロアクティブの定期購入は3つの解約方法があった!

このタイトルにしてからは順位が安定しなくなり、5位になったり、

はたまた、20位になったり一定しませんでした。

最終的には圏外に飛んでしまったりしていました。

そして、タイトルを次のように変えてみました。

プロアクティブの解約はいつでも簡単|やり方を徹底解説

このタイトルに変えてみると、順位がみるみる上昇し、3位に返り咲きました。

その後も、3位をキープしております。

SEOを考えてブログタイトルを変えてみるのは効果あり

今回の検証で分かったことですが、SEO的にはタイトルはいじらない方が良いと

言われていますが、それとは逆な結果となりました。

このことから分かったことですが・・・

あまり順位が上がらない記事が有ったら「どんどんタイトルをいじくってみる」です

ぼくの考えはタイトルはコンテンツの一部だという考えが有ります。

今回のこの分析結果が何よりの証になりましたね。

戦略的にキーワードを検索されるであろうワードにどんどん変える。

SEO的リライトの方法はタイトルを変えると検索順位も上がるという結論になりました。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回の仮説に基づいて実験を決行。

その結果、思いもよらない武器が手に入りましたね。

普通ならば・・・

せっかく作ったブログやサイトのタイトルをいじるなんて、怖くてできないこと。

でも、

ぼくが体験した今回のやり方はきっとあなたのブログ運営に役立つでしょう。

先駆者がいろいろやってきた中でのSEO戦略も、うのみにするのではなく

裏付けをとることも必要ですね。

ということで今回の解説はこの辺で終わります。

以上、

SEOを考えてブログのタイトルを変えてみた結果?
SEOマイスターが今まで誰も知らなかったGoogleの査定基準を2つ導き出した!!でした。

この記事があなたのお役に立てることを心から祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました