初心者でもクラウドワークスにアフィリエイト記事を頼んでみよう 失敗したと後で後悔しないためのポイントは4つだけ

アフィリエイト 記事
スポンサーリンク

 

初心者だから自分で記事が書けるようになってから記事代行は使うべきと

いう考えはナンセンスだと思う。

なぜなら、ブログアフィリエイトは記事を書くことが目的ではなく、

売り上げを立ててブログで稼ぐことが最終的な目的だから。

記事は自分で書いても誰が書いても良いということ。

具体的に言えば、クラウドワークスにアフィリエイト記事を頼んで、

人に書いてもらってもブログで稼げるんだったらそれもアリということだ。

という理由で、どうしても記事が苦手で書けないけど、

ブログアフィリエイトをやりたいという人には代行サービスを

使うのはOKということです。

ということで、今回はアフィリエイト初心者がクラウドワークスに

アフィリエイト記事を頼むときの、ここだけは押さえておきたい

ポイント4つについて説明したいと思います。

この記事を読んでもらえれば、Googleに対しても、読者に対しても最適化した

記事内容の依頼ができるようになるはずです。

読者に読まれるアフィリエイト記事を書いてもらい、売り上げを立ててください。

スポンサーリンク

初心者でもクラウドワークスにアフィリエイト記事を頼んでみよう

 

クラウドワークスにアフィリエイト記事を頼むポイントは次の4つです。

 

ポイントその1、キーワードを入れて書いてもらう

ポイントその2、属性を指定して書いてもらう

ポイントその3、文字数の最低ラインを決めて書いてもらう

ポイントその4、体験談を織り込んでもらい書いてもらう

 

一つずつ説明をしていきますね。

ポイントその1、キーワードを入れて書いてもらう

 

狙うキーワードを入れて書いてもらうことは最も大切なことです。

なぜなら、自分が記事を書くときと同じ手順で書かなければならないから。

具体的に言うと、「アフィリエイト 記事」を狙っているのであれば、

その下の階層の・・・

■アフィリエイト 記事 書けない

■アフィリエイト 記事 書き方

■アフィリエイト 記事 内容

■アフィリエイト 記事 外注

■アフィリエイト 記事 テンプレート

■アフィリエイト 記事 構成

■アフィリエイト 記事 文字数

■アフィリエイト 記事 例

Googleのサジェストで出てきた複合キーワードくらいは

「アフィリエイト 記事」と一緒に依頼するのが良いでしょう。

なぜならば、ブログ構成を考えた記事の依頼ができるからです。

分かりやすく言うのであれば・・・

「アフィリエイト 記事」だけを書いてもらったところで、

到底上位表示はできないから。

かと言って、階層の3語キーワードを狙って単発で書いてもらったとしても

期待薄です。

つまり、

「アフィリエイト 記事」を狙うのであれば、階層の3語ロングテールキーワードを

ひとくくりとして書いてもらう戦略が必要ということです。

せっかく書いてもらうのだから、活きた記事にしなければですよ。

ロングテールキーワード戦略については次の記事が役立つと思います。

ロングテールキーワードでサイトアクセスを増やす方法

ポイントその2、属性を指定して書いてもらう

 

 

属性を決めて書いてもらいましょう。

属性を決めないで書いた記事はボヤっとしてしまい、突き刺さらない

記事になりがちです。

なぜなら、読者の胸に突き刺さるように書かなければ心が動かないからです。

ポイントその1で戦略を決めてキーワードを指定して書いてもらったとしても

属性を絞ってなければ、突き刺さる記事は書けないのです。

なので・・・

あなたが依頼者として、属性を決めてライターさんに依頼するのです。

例えば・・・

=================================

彩乃は東京丸の内に通うOLです。アラサーの彩乃は婚活をしているけれど

運命の人とは出会えていない。

そんな時、ブログアフィリエイトのことを知る。

あさ、9時から17時までのOLをやっていたのでは、

今の生活から離れられないと分かる。

ブログアフィリエイトを始める彩乃だったが、記事を書くことに悪戦苦闘する。

「じゃー記事は代行サービスで誰かに書いてもらえばいいじゃん!!」

================================

こんな感じで、属性を絞って依頼するのです。

最初はめんどくさい依頼者だと思われるかもしれないけれど、

よく説明をして分かってもらえるようにしましょう。

これをやることにより、WinWinの関係が構築されるのですから。

ポイントその3、文字数の最低ラインを決めて書いてもらう

 

 

文字数の最低ラインを決めて書いてもらうようにしましょう。

記事を書くときには文字数は決めないで書くのが普通です。

ですが、短すぎる記事では話にならなくなってしまうので、

最低ラインを決めるのです。

なぜなら、Googleの評価基準の中でコンテンツの良し悪しという項目があり、

薄ペラな情報のコンテンツでは評価が悪くなってしまうからです。

ぼくの経験値で言うならば、最低ライン2000文字くらいかなと。

アフィリエイト記事の文字数についての考え方は次の記事を参照してください

SEOには文字数って関係あるの?長文からコンテンツへ

ポイントその4、体験談を織り込んでもらい書いてもらう

 

 

体験談を織り込んで書いてもらいましょう。

なぜなら、Googleは体験談をオリジナルコンテンツを高評価するから。

でも、でもですよ。

ライターさんがこちらの記事の内容にあった体験を持っているのであれば

書いてもらえるでしょうけど、体験が無いのであれば仕方ありません。

体験談は期待できないですよね。

例えば・・・「アフィリエイト 記事」について書いてもらう場合、

ライターさんがアフィリエイトの経験があれば書いてもらえるでしょう。

経験が無いのであれば、ダメだということです。

スポンサーリンク

記事代行の相場を知って、適正価格で依頼しましょう。

 

最後になりますが、記事代行の適正価格を知ることが大切です。

なぜならば、適正価格で依頼することで長いお付き合いが期待できるから。

以前は一文字0.2~0.3円で書いてくれていましたが、今ではサービス側から

要求されている価格は1円です。

ですが、ぼくはこれでは高すぎると思っています。

安すぎず、高すぎない適正価格は0.5円が妥当かなと。

これはぼくの経験値からの意見であって、保証するものではないのであしからず。

単価については一番、大切な交渉事なので後でもめないためにも

きっちり決めておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

 

 

ブログアフィリエイト初心者には記事代行はダメだという考えはNGという立場から

初心者が失敗しない記事代行の頼み方を解説をしてきました。

分かっていただけましたか?

今回の4つのポイントを押さえてもらえれば、初心者でもできること。

おさらいをしておきましょう。

 

ポイントその1、キーワードを入れて書いてもらう

ポイントその2、属性を指定して書いてもらう

ポイントその3、文字数の最低ラインを決めて書いてもらう

ポイントその4、体験談を織り込んでもらい書いてもらう

 

今回の解説はこれで終わりたいと思います。

以上、

初心者でもクラウドワークスにアフィリエイト記事を頼んでみよう
失敗したと後で後悔しないためのポイントは4つだけ

・・・についてでした。

なお、代行サービスにはクラウドワークスの他にも

ランサーズというのがあります。

どちらも良いと思うけど、ご自分で決めてください。

クラウドワークス公式

ランサーズ公式

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました