身につくライティングスキルの上げ方って知ってる?簡単ライフワーク

ブログ 記事
スポンサーリンク

 

最近は、ライフワークとしてのライティングスキルが

問われる時代になってきました。

なぜなら、本業、副業を問わずライティングをライフワークにする人が

増えたから。

今回はライティングスキルのあげ方にテーマを絞って書きたいと思います。

文章代行サービスを副業にしている方やブログを書いているけどいまいち何を

書いていいのかと、手が止まってしまう方には参考になると思います。

とか言っているわたしも、あなたと同じ文章が書けなかった

一人なんですけどね。

でも、ライティングスキルを上げるにはちょっとした

押さえるべきポイントがあります。

ポイントを押さえておくことで、あなたのライティングスキルは飛躍的に

向上すること間違いなしですよ。

なので、ライティングスキルを上げたいと思っているのであれば、

チェックしてみてください。

スポンサーリンク

身につくライティングスキルの上げ方って知ってる?
簡単ライフワーク

 

 

あなたがライティングをする時に、最初にやらなければならないのが

テーマですよね。

何について書くのかを決めることです。

文章代行をしている場合は、依頼者からテーマを出してもらえるので

良いのですが・・・

自分で決める場合はどうすればよいのでしょうか?

わたしの場合は、目をつむって瞑想をします。

すると、単語が浮かんでくるのです。

単語が浮かんでくればしめたもので、浮かんできた単語に紐づく単語を

見つけて、2語~4語くらいの複合単語を作っています。

紐づく単語を見つけてというのは、サジェストワードのことです。

サジェストワードの具体的な見つけ方については

こちらの記事で紹介しています。

SEOに最適化したキーワード選定の方法とは?ぶっちゃけ凄いよ! 真のライバルチェックの意味とキーワードの導き方が良く分かり 目からウロコでした。

そして、この単語に沿って記事を書いていきます。

ライティングスキルアップの第一条件は情報収集力

 

 

ライティングには情報収集が必要不可欠です。

なぜなら、自分の専門以外のテーマで書くことがほとんどだから。

具体的には、一つのテーマについて結論を考えます。

そして、結論に至るまでの根拠などを示す本文をいくつかの章に分け考えます。

いわゆる文章構成を考えるということですね。

文章構成の具体的な考え方は次の記事を参照してください。

【分かりやすい】ブログの文章構成の書き方とは?3つの手順を解説

情報取集には検索スキルが大切です。どんな検索ワードで調べるかで

質の良い情報を引き出せるかが決まってしまうから。

どんなワードで調べるかは検索スキルによって左右される問題で、

検索スキルをアップさせるには表示されている文章から逆算して

どんなワードで調べたかを常に考えるようにすること。

最初はうまくいかないかもしれないけど、繰り返ししていけば、

感覚が研ぎ澄まされていくと思います。

なにわともあれ、情報収集能力がライティングには大切だということですね。

そのほかにもライティングではちょっとしたことで、ライティングスキルが

上がるポイントがあるので、紹介しておきますね。

それは次の4です。

スポンサーリンク

ライティングスキルが上がる押さえておくべき4つのポイントとは?

 

ポイントその1、主語と述語を明確にする

ポイントその2、一文を長くしすぎない

ポイントその3、専門用語を使わない

ポイントその4、体験などのエピソードを入れる

 

とかく忘れがちですけど、4つのポイントがあります。

このポイントを押さえることで、文章が分かりやすくなります。

その結果、読者にとって優しい価値ある文章になるのです。

ポイントその1、主語と述語を明確にする

 

これは文章を書くときの基本中の基本ですが、

とかく分かりにくい文章が多いこと。

主語と述語を分かりやすくするというのは・・・

「誰が~をした」ということを分かりやすく書くことです。

文章を書いているあなたからすると、主語(誰が)の部分は

分かっているのですが、

読み手(読者)からすると、分かりにくい場合がしばしば。

対処方法としては、書いている一文が書き終わったら

読み返す癖をつけるのが良いです。

この辺の流れは記事構成という記事で説明をしていますので、

そちらの記事をチェックしてください。

文章が書けない原因って知ってますか? 真のSEOマスターが教える5つのポイントを押さえればライターになれるかも!?

ポイントその2、一文を長くしすぎない

 

 

一文を長くしすぎないというのも、書いているうちに知らずのうちに

長くなってしまうのも。

なので、意識をして長くならないようにすることが必要です。

例えば・・・

ライティングスキルを上げる方法にはいろいろありますが、

第一に情報収集力があげられ、そのほかに押さえておきたいポイントが

4つあるのですが、そのポイントというのは次の4つなのですが、

順序良く説明をしていきますね。

 

こんな長い文章は非常に読みづらいと思います。

なので、読みやすくすると以下のようになります。

 

ライティングスキルを上げる方法にはいろいろあります。

中でも、一番大切なのは情報収集力です。

情報収集力の他にも抑えるポイントが4つあります。

順序良く説明をしていきますね。

 

どうでしょうか?

一つの文章を4つの文章にしてみました。

4つの文章の方が読みやすくなったと思います。

読者の気持ちに立って、分かりやすい文章を書くことが必要なんですね。

ポイントその3、専門用語を使わない

 

 

専門用語を使わないことって、すごく大切です。

なぜなら、読者は小学生から80歳~90歳の人までいるからです。

専門用語を使ってしまうと、読んでいる人が分からない文章になったりします。

なので、できる限り専門用語を使わないようにしたいですね。

でも、どうしても使わなければ表現できないときには、

専門用語の説明を入れること。

Googleがテーマにしているお客様第一主義をいつも念頭に!ということですね。

ポイントその4、体験などのエピソードを入れる

 

 

ライターさんにとっては、体験したことがあるのならば書くべきです。

体験が無いのであれば、仕方ないことですが・・・

なぜなら、体験談やエピソードというのはその人だけの

オリジナルの記事になります。

なので、独自性を出すためにも入れるべきなのです。

自分の体験談が無い場合などは、周りの人の体験談でも良いし、口コミでも、

レビューでも良いので、書くようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめとして

 

 

ライティングスキルの上げ方について説明をしてきました。

よくよく、考えてみれば当たり前のことばっかりでしたでしょ。

でも、でもですよ。

この当たり前のことをおろそかにしている人が多いのです。

だから、検索スキルをみがいて、情報収集能力を鍛えてください。

そして、4つもポイントを押さえて記事を書いて見てください。

キット、良い文章が書けることができるはずです。

そして、読者第一主義のもと読者に満足されるライティングをしてくださいね。

それでは、ライティングスキルを上げる方法についての記事は終わりです。

この記事を読んで、行動を起こしてくださいね。

インプットだけでは何も変わりませんから。

行動、アウトプットをすることで変わっていくのですから。

ライティングスキルを上げる方法を、あなたはこの記事で手にしたのですから、

ぜひ、この武器を使ってくださいね。

それではまた・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました