アナリティクスの見方はこれでOK|4つのポイントでPDCAを!

ツールの使い方
スポンサーリンク

 

ブログを書いているんだけど、分析や解析が分かりません。

アナリティクスの見方を教えてください。

 

この質問に答えていきます。

初心者にはアナリティクスのどこをどう見ればいいのか分かりませんよね。

ぼくも初心者の時はあなたと同じでした。全然、分かりませんでした。

見る項目はいろいろあるけれども、ここで紹介する

4つのポイントだけでOKです。

これだけ覚えておけばSEOマスターと言えるほどのものなのでご安心を。

という僕は専業でアフィリエイターをやっているものです。

4年目になります。

それではさっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

アナリティクスの見方はこれでOK|4つのポイントでPDCAを!

 

アナリティクスと言えばGoogleが提供している

Googleアナリティクスですよね。

このツールは無料で使える高性能の分析ツールです。

無料だからと言って、その性能はとてつもなく高性能で使いこなすのに一苦労。

でも、これから説明する4つの項目を押さえるだけでOK。

押さえる項目は次の通り。

項目その1、全体のユーザー像を把握する

項目その2、ユーザーが使うデバイスを把握する

項目その3、流入元を把握する

項目その4、入口ページを把握する

分かりやすく解説をしていきますね。

項目その1、全体のユーザー像を把握する

アナリティクスを開くと最初に出てくるページが

「ユーザー サマリー」ページです。

このページで分かることはどれだけ人がこのブログに来たか。

試しに直近1ヵ月でどれくらいの人が訪れたかを見てみましょう。

具体的な見方は右上の期間が書かれているボタンを押して、

直近の1ヵ月を選択してください。その後、適用を押します。

するとここ1か月でこのブログに来た訪問者数などが分かります。

言葉の意味を理解しよう

 

数字がいろいろと出てきていますが、それぞれどんな意味なのかを

説明していきますね。

セッション

 

ブログへの訪問を表しています。例えばブログに1回、訪れたら、

セッション数が1になり、セッション数が20,000なら、その期間に20,000回

そのブログが見られていることを表しています。

ユーザー

 

ブログを訪れた人数を表しています。例えば、閲覧者が同じブログに

2回、訪問したとしてもユーザー数は1になります。

一方、セッション数は2になります。

ページビュー数

 

そのブログが見られたページの数を表しています。

1セッションで3つのページを見た場合、セッション数は1なのに対して

ページビュー数は3になります。

直帰率

 

「直帰」は訪問者が1ページ目で離脱をすることで、

全体の何パーセントかを表すのが直帰率という。

数字が少ないほうが長くブログに滞在していたということになる。

項目その2、ユーザーが使うデバイスを把握する

この項ではあなたのブログをどんな端末で見ていたかを追跡できます。

パソコンで見ていたかとか、スマホで見ていたかとか、あるいはタブレットか?

この辺の情報を調べられるということ。

これを調べつことにより、最適化した記事を書く情報が得られるのです。

具体的にはスマホで見ている人が多いので、スマホでの表示の仕方を

よく研究し、フレンドリーページにするように心がけるのです。

ら、パソコンではしっかりと表示されているようでも、スマホでは

見た目が崩れて表示されたりと、不具合があるからです。

先ほどのページで、「ユーザー>モバイル>サマリー」で見てください。

mobile(携帯・スマホ)、desktop(パソコン)、tablet(タブレット)が

数字になって出てきます。

項目その3、流入元を把握する

あなたのブログがどこから来たユーザーに見られているのかを追跡できます。

この情報が分かることによって、その後の改善につなぐことができるのです。

具体的な方法は・・・

「集客>すべてのトラフィック>チャネル」という手順です。

言葉の意味を理解しよう

 

すると次のワードが出てきますので、意味を押さえておいてください。

Organic Search

 

自然検索という意味で、Googleなどで検索し流入した訪問

 

Direct

リンク元がないという意味で、お気に入り登録だったり、

直接URLを入力ての訪問

 

Referral

 

他のブログからリンクをクリックして流入した訪問

 

Social

 

ソーシャルメディアから流入した訪問

 

Display

 

ナー広告をクリックして流入した訪問

 

Other

 

その他の訪問(計測不可など)

項目その4、入口ページを把握する

 

問者がどのページを最初に見たかを追跡しましょう。

具体的なやり方は次の通り。

行動>サイトコンテンツ>ランディングページの手順です。

これを追跡することでコンテンツを強化できますよね。

スポンサーリンク

まとめ

 

Googleアナリティクスの具体的な見方の説明をしてきました。

どうですか?

慣れるまではちょっと難しいかもしれませんが、慣れるまでやってください。

日々、自分のブログがどんな状態なのかを分析しておくのは大切ですから。

チョット、おさらいをしておきましょう。

押さえるべき点は4つありましたね。

 

項目その1、全体のユーザー像を把握する

項目その2、ユーザーが使うデバイスを把握する

項目その3、流入元を把握する

項目その4、入口ページを把握する

 

以上の押さえるべき点をいつも念頭に。

ということで、ぼくの説明はこの辺で・・・

以上、アナリティクスの見方はこれでOK|4つのポイントでPDCAを!

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました