ブログを習慣にするのは割と簡単という話し

生活
スポンサーリンク

 

ちょっと、質問をさせてください。

ブログを習慣にするには何か特別な方法はあるのですか?

あったら教えてくれませんか?

 

読者の方からこのような質問をよくもらうようになりました。

会社から帰ってくるとくたくたでどうしてもお酒の誘惑に負けてしまい

ブログを書くのがおろそかになってしまう。

やらなかった理由を自分なりに作って、自分の弱さを偽って生きている。

ぼくも、以前はそうでした。

なぜなら、酒が好きで毎日飲んでいたから。

副業でブログを書き続けるのは本当に難しいことは分かっているつもりです。

なので、今回の質問者さんやほかにも同じことを思っている方が大勢いるので

今回、ぼくの体験談が参考になればと思い、書くことにしました。

この質問にぼくの体験をもとにお話しさせてください。

スポンサーリンク

ブログを習慣にするのは割と簡単という話し

 

結論から最初に言ってしまえば、、ブログを書き続けるのは簡単です。

なぜなら、最優先でブログを書けばいいから。

具体的に言えば、ブログを書き終わらないまでは、ほかのことを

一切しないということ。

今書いているブログ、kasegublog.tokyoは書き始めてから3か月ちょっと。

一日に、1.3記事づつ書いている計算です。

中身は2000文字から6000文字くらい。

平均で言えば、3000文字くらいのボリュームです。

kasegublog.tokyoの他にもブログは書いております。

今までの3年半で3000記事以上は書いていると思います。

なぜなら、一日10~15時間くらいは執筆活動をしているので。

最初の初心者の頃は、書くのは本当に苦手でして、一記事書くのに

8時間くらいかかっていたものです。

しかし、人間というものは環境に慣れるというか、順応するものですよ。

どんなに、のろのろのカメでも少しづつは前進しているのだから。

少しずつで良いので、前進ですよ。

スポンサーリンク

習慣化するとルーティーンになる

 

習慣化すると行動がルーティーンになるんですね。

日本を代表するラグビー選手の五郎丸さんが、一躍有名になった

あのルーティーンですよ。

毎日、同じ行動をし続けるとルーティーン化していくんですよね。

その行動をしないと、どこか抜けてしまったような、空洞感とというか

何か自分にまけてしまったというか、嫌なんですよ。

小さな勝利の積み重ねが、小さな成功の積み重ねになり、

やがて大きな成功につながる。

すんごい、素敵じゃないですか。

ぼくが書いた記事でモチベーションのお話がありますが、こちらを読んでもらうと

小さな勝利のお話が出ています。

ハーバード大学のテレサ・アマビール教授が提唱している話なので、

興味のある方は読んでみてください。

モティベーションのお話し

スポンサーリンク

身体的、精神的にも苦痛になったのなら止めるのも
アリですよ

 

しかし、ぼくみたいに専業でブログをやっている人ばかりではありません。

仕事を持っていて、副業でブログをやられている人も多いと思います。

仕事で精神的、体力的なストレスを受けながら生きていくために

身体が拒絶反応を起こしつつも、仕事をやっているなんてことありますよね。

ぼくが以前はそうだったんですね。

満員電車で胃痙攣をおこすことで、退社をしたお話はこちら

生きるのが苦痛って?そんなに仕事が辛いなら辞めたらいいんだよ

ブログをやっていて、どうしてもどうしてもだめな場合は休むべきです。

それでも、改善できないときはブログを止めたらいいんですよ。

ブログの他にもあなたに合った仕事ってあるんですから。

そして、時間がたったときにまた、ブログと向き合えばいいんですよ。

あくまでもこれはぼくの体験から言えることなので、あしからず。

スポンサーリンク

まとめ

 

今回はブログを習慣化するというテーマで話をしてきました。

あくまで、ここに書いた内容はぼく一個人の体験談をもとにして

書いているもので、公的に効果があるということではないので、ご了承を。

確かにブログを書き続けるというのは大変化もしれませんが、

スタートラインからよーいどん!は誰でも同じ条件なのだから。

今、ブログで成功を収めているメンターたちだって同じだったんですね。

なので、やり続けるかどうかはあなたの信念一つということ。

なぜなら、あきらめずに信念をもってやり続ければ必ず信念は実現するのだから。

以上、「ブログを習慣にするのは割と簡単という話し」でした。

ぼくが以前書いた記事ですが、良かったら読んでみてください。

努力すれば報われるという話です。

頑張れば報われるって嘘ですよ|真実いかに! 努力すれば報われるっていうのは、ある条件がそろったときだけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました