努力を継続することは難しい|もっと難しいのは変化だけど。。。

生活
スポンサーリンク

 

ぼくは以前、頑張れば報われるって嘘ですよ。という記事を書いたことがある。

この記事の詳しい内容は読んでもらえれば分かるので、割愛しますが、

頑張っても報われないことの方が多いのです。

なぜなら、方向性が間違っていたりするからです。

例えば、ブログで稼ごうと思って毎日、頑張って記事を書き続けていても

全然、読者が増えずPV数も増えていかないという状態なのに

記事を更新すること自体が目的になってしまったりしているパターン。

こんなことあなたもしていませんか?

ということで、この記事では努力の継続は誰よりもしているのに

結果に結びついていないのはなぜなのかを解明しています。

原因が分かれば、次にやるべきことが分かるはずです。

なので、努力の継続は誰よりもしているけど、結果が出ていない人は

この記事を読んで、結果が出る方法を手に入れてください。

努力の継続の次にやるべきことをやることで、成功へとまっしぐらです。

スポンサーリンク

努力を継続することは難しい|もっと難しいのは変化だけど。。。

 

何をするのにも努力の継続は難しいです。

ブログに限ったことではありません。

以前こんなことが良く言われていました。

10000人ブログに興味を持った人がいて、実際に始めたのは100人。

そして、最後まで継続している人はたった、1人。

上の文章は以前、ブログに関して流行した格言みたいなワンフレーズです。

読んでもらえれば、分かる通りブログを続けていくのは至難の業なことが

読み取れると思います。

というか・・・挫折するのが当たり前の世界なのです。

こんなに難しいのに、努力をして頑張っている努力の人はいるもの。

そんな人がやりがちな失敗が次の通り。

失敗その1、ブログ更新が目的

失敗その2、やり続けている自分に満足

失敗その1、ブログ更新が目的

良くありがちなのが、努力に努力を積み重ねている人。

特にブログを更新することだけは続けている。

毎日、ブログ更新をすれば必ず、読者が増えていきPV数も増えていくと

かたくなに信じている人。

だから、毎日のブログ更新が目的になってしまっている。

よくよく考えてみれば、努力が報われていないにも関わらず、

「毎日更新をすれば成功できる」と確信している人です。

ブログをやることは稼ぐことが目的であるはず、更新することが目的ではない。

落ち着いて、冷静に考えれば考え方がづれているのに気づくはず。

失敗その2、やり続けている自分に満足

自己陶酔型の人に多く見られるパターンがこれです。

ブログを毎日、書き続けていて、時には長文の記事を書いて、

「お~6000文字書いた!我ながらに凄いな~」などと、

「今日は朝から3記事もアップしたぞ!満足満足」などと

自分がやったことに対しての達成感が前に出て過ぎてしまい、

努力をしている自分に満足をしてしまう人です。

アドセンスの売り上げが「今日は2円上がったぞ」と満足している。

心当たりありませんか?

これを繰り返していると、少しづつではあるけど進歩はしている。

でも、ちょっと考えた方が良いという感じですね。

それではどのように考えればよいのでしょうか?

考えてみましょう。

スポンサーリンク

努力を続けているけど結果が出ないときは変化を試すこと

 

努力を誰よりも続けてきたけど、結果が出てないときは変化を試すことです。

具体的には次の通り。

変化その1、自分でメスを入れる

変化その2、誰かにメスを入れてもらう

変化その1、自分でメスを入れる

排水の陣で臨んでいる、ブログの毎日更新。

思うように結果が出ていないので、ちょっとやり方が間違っているのでは?と

考えるのは凄く勇気がいることです。

なぜなら、間違いを受け入れるのは苦痛こそあれ、努力が無駄になるから。

だから、頑なに信じて同じことを繰り返しやり続けているのです。

でも、でもですよ。思うように結果が出ないようでしたら、ひとまず

とまって冷静に判断することです。

ブログの毎日の更新が目的になっているのでしたら、もう一度、原点に戻り

読者に求められている記事はどんな記事なのかを考えてみることです。

このときに、たとえ毎日の記事更新が止まったとしてもです。

もう一度、初心に戻って読者に求めらる記事って何なのかを考えるのです。

今までに上げた記事をもう一度、見直してみて、なにが読まれたのかを

分析してみることです。

地道な作業になると思いますが、やってみることです。

読まれている記事には何かしらの共通点があるはずですので、

共通点を見つけ出すのです。

そして、どんな記事が読者に興味を持たれ読まれたのかを分析し、

次に書く記事の糧にするのです。

変化その2、誰かにメスを入れてもらう

誰か第三者に指摘をしてもらうのです。

自分では間違っていないと思ってなんでもやっているもの。

人の意見なんて関係なく、やっていることが多いです。

そんな中、第三者に意見をズバッと入れてもらうのです。

意見をそのままにすることなく、次のブログ運営に活かすのです。

間違っていないとやっているときに、人の意見を取り入れるのは

とっても苦痛を感じるかもしれません。

でも、それをやって変化を入れることが最善なことが多いものです。

なので、方向性を早く修繕するにも他人にメスを入れてもらいましょう。

スポンサーリンク

まとめとして

 

 

努力の方向性を誤った継続していると、お金や時間をムダにしてしまうこと。

分かってもらえましたか?

今、自分が続けてやっていることで、思いのほか結果が出ていないのであれば

変化を取り入れることで改善が図れるのです。

しかし、「やってきた取り組みを否定する」というのは苦痛を伴い、

辛いことです。

受け入れるのを躊躇する気持になるのは当たり前。

そこをぐっとこらえて、一歩を踏み出すことが改善の一歩につながるのです。

ということで、一度、歩みを止めてどう変化するのかを考えてみましょう。

以上、努力を継続することは難しい|もっと難しいのは変化だけど。。。

・・・ついてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました