androidからiphoneに機種変更をしてみた結果。。。

生活
スポンサーリンク

 

androidからiphoneに機種変更をしてみた結果とんでもないことになっていた。

今回のテーマはandroidからiphoneに機種変更です。

機種変更をする前に何もやっていなかったので、機種変更後に

苦労した点などを書いていきます。

この記事を見ることで、機種変更を考えているあなたのため

少しでもお役に立てたらと思っています。

スポンサーリンク

androidからiphoneに機種変更をしてみた結果。。。

 

結果から言いますと・・・

とんでもないことになっていました。

というのは今までアンドロイドで使っていた、アプリがすべて消えていた。

これにはまいりました。

ショップ店員に確かめたところ、アプリのデーターは移行されないと。

しかし、その他のデーター移行はすべてしてくれたので、

友だちの電話番号やら写真、動画データーは移行されていました。

ということで、iphonデビューとなったのでした。

まず初めにしたことですが・・・Lineの入手でした。

これはapple storeからいとも簡単に入手できました。

入手と同時に「おかえりなさい」という表示が出てきて、データーが全部復元され

アンドロイドで使っていた、友達のデーターが復元されたのでした。

一安心、一安心です。

次にやったのはLine@の入手でした。

これについてもLineと同じように全部復元されました。

何せ、Line@のアカウントは海外アカウントで10個もあるのだから。

復元できなかったら大変な事態になっていたので、一安心、安堵の瞬間でした。

次にやったのはTwitterやFacebookなどのSNS関係。すべて復元されました。

次は仮想通貨のウォレット関係、そして仮想通貨にまつわる取引所などの

アプリのインストールでした。

結論はすべて無事、済みました。

スポンサーリンク

androidからiphoneに機種変更したときのデーター
移行の所要時間

 

ズバリ、2時間程度でした。

ぼくのandroidには3分以内の動画が1600本あったり、写真は

1000本くらいあったのでした。

ぼくが使っていたandroidはソニーのExperiaZ5です。

そして、今度使うことになったのは女房殿が使っていたものです。

機種はiPhone 6s Plus 64GB Rose Goldです。

ぼくが使っていたアンドロイドではストレージは32GB中、

31.48GB使っていたので、ほとんどすべての容量を使っていた。

そんな状態にも関わらず、データー移行に2時間くらいだったので・・・

たいていの場合は、この2時間より短くなるはずです。

なので、ショップに持っていけば簡単にデーター移行はやってくれますよ。

スポンサーリンク

androidからiphoneに機種変更した理由は

 

この理由はいたってシンプルでした。

それは、Experiaは動画を2分以上取れないからです。

なぜなら、動画を撮っている最中に本体が熱を持ってきて、

途中で動画がとれなくなってしまうから。

この現象については中国でも問題になり、Experiaを相手取って

各地で裁判が勃発するありさまでした。

その上、もう一つの理由というのが

Youtube動画を撮らねばならない状態に追い込まれていたと言う理由からでした。

なぜなら、顔出し動画でYoutube再デビューを果たさないといけない

状態になっていたからです。

Youtubeの規約改定があり、スクロール動画はダメという通達が出たから。

ぼくの300本以上の動画はすべてスクロール動画だったのです。

スクロール動画の解説については次の記事を参照してください。

Youtube動画はしんどいけど十分に稼げるっていう話し

スポンサーリンク

まとめとして

 

ぼくの場合は、Youtube動画を撮らねばならないという理由でアンドロイドから

アイフォンに変更をしたわけですが、どんな理由があろうとも・・・

機種変更後には各、アプリはひとつずつ入手しなければならないこと。

この作業は避けては通れないことだということが分かりましたか?

なので、機種変更の際には覚悟を持ってやることですよね。

でも、体験から言えることは、そんなに大変ではないということ。

なので、どんどん機種変更をしてください。

それでは、今回のこの記事はこの辺で。。。

以上、「androidからiphoneに機種変更をしてみた結果。。。」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました