SEO戦略はあなたのブログを劇的に変える|読者のためになる記事を書け!検索ユーザーの知りたい情報をピンポイントで書くだけ。

ライティングのレポートがたくさん SEOブ ログ
スポンサーリンク

 

ブログを書き始めて3か月がたつんだけど

全然ブログが読まれていないようです。

心がくじけそうです。

いろいろな人が初めは読まれないので我慢です。

なんていうことを言っていますが・・・

なんかよい方法があれば知りたいです。

 

こんな切実な質問をもらったので回答していきます。

という僕は専業アフィリエイターとして4年目になります。

3年間はGoogleアドセンスを専門にやっていて98000円まで

報酬を伸ばしてきたのですが、ある日、月間30万PVのサイトが

圏外に吹っ飛ばされて、月1000円も稼げないサイトになってしまいました。

そんなぼくでしたが今ではブログ運営で月30万円をコンスタントに

稼げるようになりました。そんなぼくがお答えしていきます。

さっそく内容に入っていきましょう。

スポンサーリンク

誰も教えないブログのコツを教えます|SEOなんてくそくらえ!

 

そもそも自分で作ったブログやサイトの記事を上位表示させるのには

具体的にどうにすればいいと思いますか?

多分、あなたもSEO対策が脳裏に浮かんでいるのではないでしょうか?

キーワード選定はロングテールキーワードを使い、ずらしてブルーオーシャンの

キーワードをタイトルに入れる。

内部対策では内部リンクを貼るなどなど・・・

そんな小手先のSEOを考えていたのではないでしょうか?

SEOなんて使わずに、あなたの記事を上位表示させる誰も教えない

方法というか原理原則を伝授いたします。

これは僕が教えを乞うているメンターから直に伝授されたものです。

なので、信憑性や再現性は確実だと思います。

なぜかというと、ぼくのメンター月に軽く、1000万円越えをしている

日本でも5本の指に入るスーパーブロガーだからです。

 

スポンサーリンク

誰も教えないブログのコツを教えます|読者に共感される記事

 

 

ズバリ、読者に共感される記事を書くことが上位表示には欠かせません。

そんなこと言ったって、記事を書くことすらうまくいっていないのに

読者を共感させる記事なんて書けやしないよ。

そんなことを言う人が多いと思います。

ひょっとすると、あなたもそう思っていたのでは?

大丈夫です。誰でも読者を共感させる記事はかけるのです。

読者に寄り添った立ち位置で記事を書くことを心がけるのです。

読者があなたの身の回りの人だと想定してみるのも良いでしょう。

友だちだったり、家族だったり・・・

ぼくの場合は、過去の自分を読者として想定して記事を書くようにしています。

不特定多数の人に向けて書くのではなく、相手は一人として書いていくのです。

これを意識するだけで、共感してもらえる記事に一歩近づけるはずです。

何度も何度も書いている相手を頭の中で鮮明に想定しながら

記事を書きすすめるのです。

ふと気づくと・・・

あなたの記事の中に第2人称の「あなた」という単語が増えているのに

気づくことでしょう。

この繰り返しであなたの文章は劇的に変わっていくことになると思います。

こちらの記事を読むことでより深く理解が深まるはずです。

キーワードから検索ユーザーの意図を知る方法|アフィリエイトの胆

スポンサーリンク

読者に共感される記事の具体的な書き方

 

先に述べた、相手を想定して記事を書いていくときに具体的なコツみたいのが

あったら素晴らしいことですよね。

あなたもそう思いませんか?

実は実は・・・それがあるんですよ。

それは・・・

■主張  (何かを断言する)

■理由  (断言したことに対する理由を提示する)

■具体例 (言ったことについての具体例を出す)

このようなテンプレートに従って記事を書いて行くのです。

立ち位置を決めて、このテンプレートに従って書いていけば

読者に共感される記事が書けるようになり、

あなたのブログやサイトは上位表示されることになるのです。

具体例をあげるときに、こと詳しく書くことが大切です。

なお言えば・・・ストリー仕立てにして書くのが良いでしょう。

そうすることによって、なお一層共感を誘う記事になると思います。

 

スポンサーリンク

体験談を語れるところが一つだけあった

 

ブログやサイトでは自分の書きたいことを書いてはいけないと教えられます。

これは真実でなのです。

なぜならば・・・

記事の意義というものは読者の知りたいことや悩み事などを解決してもらうことが

元来の記事の意義だからです。

なので、そこにはその人の書きたいことなど入り込む余地は無いのです。

でも、でもですよ。

共感される記事を書くのには具体例のところで、

細かく具体的に描写することが

読者の心を揺り動かすことにつながるのです。

この場所だけが体験談を語れる場所なのです。それ以外はNGです。

それ以外の場所で体験談を語り始めてしまうと、その時点で読者は離脱します。

この場所がドンピシャ読者と体験が一致し、共感を呼び込める位置なのです。

 

スポンサーリンク

まとめとして

 

まとめとして

今回の質問の・・・

全然ブログが読まれていないようです。

心がくじけそうです。

いろいろな人が初めは読まれないので我慢です。

なんていうことを言っていますが・・・

なんかよい方法があれば知りたいです。

この質問に答えてきたのですが・・・

お分かりいただけましたか?

読者の共感を得る文章は記事を書く練習の積み重ねで出来上がるもの。

過去の自分に話しかけるような立ち位置で、記事のテンプレートである

主張⇒理由⇒具体例の順に書いていくことです。

ライティングもスポーツと同じです。

はじめからはうまくいかないものです。

でも、繰り返し繰り返し練習することで、だんだん熟練していくのです。

今あなたは・・・素晴らしいライティングには欠かせない剣を手に入れたのです。

あなたの前に立ちはだかっている、モンスターをなぎ倒すだけです。

さ~ GO!

それでは今回はこの辺で・・・

以上、SEO戦略はあなたのブログを劇的に変える|読者のためになる記事を書け!
   検索ユーザーの知りたい情報をピンポイントで書くだけ・・・でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでもあなたのライティングのお役に立てば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました