M1優勝ミルクボーイのコーンフレークねたどこまで沸騰するの?

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク

 

2019年のお笑いを締めくくるM1グランプリで優勝した

ミルクボーイが凄いことを成し遂げた。

番組始まって以来の最高得点681点を叩き出したからだ。

それ以上に、ミルクボーイが繰り出した「コーンフレークねた」が

とんでもないことまで引き起こしているという。

それは、コーンフレークが売れに売れていて、

最寄りの小売店やコンビニなどでは「売り切れ続出」状態の模様。

この現象はいつまで続いていくのだろうか?

ここでは時系列でミルキーボーイについて見ていきたいと思う。

スポンサーリンク

M1優勝ミルクボーイのコーンフレークねたどこまで沸騰するの?

 

お笑い界の紅白と言っていい「M1グランプリ」が行われたのは

2019年12月22日のことだった。

決勝に進出した強者どもはほとんどが無名の芸人だらけ

なんと過去最多の5040組の参加者があったという。

その頂点に立つのは誰か?

番組は嫌が上でも盛り上がってきていた。

なぜなら、ほとんどが無名のお笑い芸人だらけだったから。

準決勝では5040組の中から激戦を勝ち抜いてきたプロ25組と

アマチュア1組の合計26組のつわものが渾身のネタバトルを繰り広げた。

そして、最後の決勝進出者が出そろったのである。

■インディアンス

■ミルクボーイ

■オズワルド

■見取り図

■かまいたち

■ぺこぱ

■からし蓮根

■すゑひろがりず

■ニューヨーク

■和牛(敗者復活)

以上が決勝戦にコマを進めたメンバーであった。

スポンサーリンク

M1勝者ミルクボーイしつこいくらいに「コーンフレーク」連呼

 

ミルクボーイはしつこいぐらいに「コーンフレーク」を連呼していました。

そのやり取りをそのまま、引用しておきます。

「うちのオカンが好きな朝ご飯があるらしいんやけど、その名前を忘れたらしくてね」

「どんな特徴言うてたか教えてみてよ」

「甘くてカリカリしててな。牛乳かけて食べるやつやっていうねん」

「コーンフレークやないかい!その特徴は完全にコーンフレークやがな!」

「でも、ちょっと分からへんのよ。俺もコーンフレークと思ったんやけどな、
『死ぬ前の最後のごはんもそれでいい』って言うねん」

「ほなコーンフレークと違うか。人生の最後がコーンフレークでいいわけないもんね」

このコーンフレーク連呼が何か頭の中にしみこんで入ってきたというか

こびりついて忘れようとしても忘れられないほどでした。

なぜなら、この漫才を聞いた直後からコーンフレークが食べたいなどという

書き込みがSNSでは拡散されていたようなのです。

スポンサーリンク

ミルクボーイは主催者以外から予想外の副賞をもらう

 

ミルクボーイは優勝賞金1000万円を手にしました。

いったい何に使うのでしょうか?

気になるところですよね。

なぜなら、二人ともバイトをしていてお金には苦労をしているから。

お笑いを職業にしている芸人はミルクボーイに限らず、

お笑いだけでは食べていけないので、大方はバイトをしているのが常。

ミルクボーイもその中の一組だったんですね。

そんな彼たちに思いもよらない副賞が!

日本ケロッグからコーンフレーク1年分がプレゼントされたのです。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

第15回、M1勝者のミルクボーイの軌跡を見てきました。

彼たちが巻き起こしたコーンフレーク現象。

どこまでその余韻は続くのでしょうか?

本当に面白いですよね。

ミルクボーイはコーンフレークねたの他にも「最中ネタ」など

いろいろなものがあるみたいです。

しかし、話の構成が同じなのが気になるところですよね。

お笑いのセンスをもっているミルクボーイがどんな活躍をしてくれるか

今後の活躍が楽しみですね。

以上、M1優勝ミルクボーイのコーンフレークねたどこまで沸騰するの?

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました