【徹底解説】ブログのコンテンツの書き方※優しく、分かりやすい

スポンサーリンク
ブログで稼ぐ
スポンサーリンク

 

ブログを書くのにはいろいろな要素(部位)を書かなければならない。

まずはタイトル、説明文からの冒頭分。

そして、何より大切なのが本文です。

この本文こそ、コンテンツと呼ばれる部分であって

読者様が「読むに値する記事」「そうでない記事」を判断する部分。

読者が求めている答えがピンポイントで書いてあれば

「読むに値する記事」で読んでもらえる。

しかし、そうでなければすぐに離脱され、読んでもらえない。

前回と前々回でタイトルについて冒頭分については書いてきたので

この記事ではコンテンツに絞って「ブログのコンテンツの書き方」

解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

【徹底解説】ブログのコンテンツの書き方※優しく、分かりやすい

 

ブログのコンテンツに絞って解説をしていきます。

コンテンツを書くときには大切なポイントが2つあります。

それは・・・

ポイントその1、ペルソナ設定

ポイントその2、タイトルに沿った本文

ポイントその1、ペルソナ設定

まずは「誰に向けて書いているのか?」を意識してください。

もし仮に、あなたの書き方が漠然と不特定多数の人に向けて

書いているようなら、ちょっと直したほうが良いですね。

なぜなら、読者から見たときに不特定多数に向けて書いている記事は

こころに響かないし、共感が得られないからです。

思い出してみてください。

学校に通っていたころのことを!

校長先生が「皆さんおはようございます。今日は~」などと

話をしていても聞いている生徒などほとんど居なかったと思います。

でも、でもですよ。

「3年2組の生徒、おはようございます」とやられたらどうでしょう。

3年2組の生徒は聞く耳を持つことでしょう。

それでも何人かは聞かないかもですね。

でも・・・

それよりもっと、過激に・・・

「3年2組の加藤ひろし君、おはようございます」ときたら

加藤君は「何があったのかな」と校長先生の話を聞くことでしょう。

どうですか?

ニュアンスとして分かりましたか?

「読み手をピンポイントで設定する」ができれば

あなたの記事は「ピンポイントの相手」に響くのです。

これが「ペルソナ」と言われている概念です。

なので、結論としては・・・

「誰に向けて書いているのか」を意識して書く。

このことこそ、ブログのコンテンツの書き方の
一つ目のポイントなのです。

具体的なペルソナ設定は次の記事で詳しく解説しています。

自分のブログを検索で上位表示させるには6つのポイントを押さえよう!
この6つのポイントを押さえることでキット1位になれるでしょう。
少なくとも 検索10位までには入れるはずです。

ポイントその2、タイトルに沿った本文

タイトルに沿った本文を書くことです。

なぜなら・・・

読者はタイトルを見て「探していることが書いてあるかも?」

クリックしてくれて、冒頭分を見てなお一層「読みたい」と思い

本文を読んでくれるのです。

しかし、そんな読者様の「期待を裏切ること」などしてはならないのです。

「タイトルとコンテンツの不一致」ではいけないのです。

「タイトルの答えがコンテンツに書いてある」コンテンツ。

これこそ、タイトルに沿ったコンテンツということ。

読者様のことを思って、せっかく読んでいただいているのだから

タイトルに沿ったピンポイントの答えが書いてあるコンテンツ。

胆に銘じて、「タイトルとコンテンツの一致」を!

ということで、2番目のポイントでした。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

読者は天文学的に数ある中から、あなたの記事を読もうと思い

タイトルをクリックし、冒頭分を読み、そして、本文を読む。

せっかく期待を膨らませて本文を読んでくれようとしているのに

「なんだ~タイトルと本文が全然違うじゃねえか!」ではいけない。

タイトルと本文は繋がっていなければならないのです。

タイトルの答えが本文にならないといけないのです。

タイトルと本文の内容が一致してないといけないのです。

「誰に向けて書いているのか?」「タイトルと本文の一致」

心掛けてブログのコンテンツを書くようにしてくださいね。

それでは今回はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、【徹底解説】ブログのコンテンツの書き方※優しく、分かりやすい

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました