フレーミング効果を活用した例を参考に※ブログに取り入れ売り上げを!

スポンサーリンク
ブログで稼ぐ
スポンサーリンク

 

ブログでは「何を書く」ではなく「誰に書く」という王道について

原理原則を説明してきた。

「誰に向けて書く」が決まったら文章を書いていくわけだが、

チョットしたテクニックがある。

この記事ではライバルの追従を許さないライティングテクニックを

惜しげもなく解説している。

このテクニックを使い文章を書くだけで、読者の心を意のままに操り

読者に行動させてしまうことができる。

なんて素晴らしいことか!

悪用厳禁で禁断のテクニックを自分のものにして

あなたのブログ運営に役立ててほしい。

今現在、あなたのブログから売り上げが上がっていないのならば、

何が何んでも見てもらいたい。

なぜなら・・・

読者の心理である「読まない」「信じない」「行動しない」を

根こそぎ取っ払い、「即行動」をしてもらえるから。

スポンサーリンク

フレーミング効果を活用した例を参考に※ブログに取り入れ
売り上げを!

 

なにわともあれ、フレーミング効果を使った事例を紹介しよう。

シチュエーションその1、医療現場にて

シチュエーションその2、ニュースにて

シチュエーションその3、宣伝にて

シチュエーションその1、医療現場にて

ちょっと難しく危険な手術を受けてもらうため

次のように患者に説明したとしよう。

A、60人中40人が死亡してしう難しい手術です。

B、難しいけど60人中20人も生存できる手術です。

さて、どちらの説明をしたほうがより手術を受けてくれたでしょうか?

答えは、Bです。

説明の内容をよくよく考えると同じ内容であるが、

人間というものは元来、「危険」や「苦痛」を回避する習性があるので、

「死」というAを選ばずに「生存」というBを選んだというわけだ。

シチュエーションその2、ニュースにて

サッカーの試合での報道である。

A、日本がブラジルに勝利

B、ブラジルが日本に負けた

日本人としてAの報道の方が気持ちよく、勝利に酔いしれることができる。

しかし、Bの報道ではあまり勝利を喜べない気がする。

AもBも内容は同じことを言っているのだが、表現方法を変えるだけで

受け取り方がまるっきり違ってしまうのである。

シチュエーションその3、宣伝にて

ある製薬会社が開発した新商品の販売戦略で考えたうたい文句。

A、なんとタウリン1g配合

B、なんと1000mg配合

AもBも同じことを言っているのだが、数字を大きくすることで

1000mgの方が反応が良いと言える。

スポンサーリンク

ブログにフレーミング効果を活用するには

 

フレーミング効果というのは表現を変えるだけで、人間の心理を自由に操ること。

では、どのようにあなたがブログに活かしていけばいいのだろうか?

結論としては、クロージングに使うのが良い。

読者に何とか本文を読ませることができたならば、

残るは購買という行動をしてらうだけ。

そのときに、フレーミング効果を活用してクロージングをかけるのだ。

視点を変えることで、切り口が変わる。

なんのためらいもなく、行動を起こしてもらえるように

表現を工夫することだ。

表現を工夫するのには、やはりある程度の慣れが必要だが、

何度も何度もやることで完成度はアップするはずだ。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

文章を書くときに心理テクニックとしてフレーミング効果について

説明してきたのだが、お分かりいただけただろうか?

始めはうまい表現ができないかもしれないが、慣れでだんだんできるはずだ。

ブログで売り上げを上げるには必要不可欠なスキルである。

なので、フレーミング効果については学習をしてほし。

■「フレーミング効果 例」

■「フレーミング効果 事例」

などで検索をかけると・・・

事例についていろいろ見られるので、ぜひ検索してほしい。

ということで、今回の記事はここで終わりたいと思う。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事がお役に立てることを心から祈っています。

以上、フレーミング効果を活用した例を参考に※ブログに取り入れ売り上げを!

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました