ブログで稼ぎたければ読者に共感される記事を書くこと

スポンサーリンク
ブログで稼ぐ
スポンサーリンク

 

ブログを長年やっているけど、全然稼げません。

一か月の売り上げが2300円程度じゃ、こころが折れます。

などなど、ブログで稼いで成功するのは難しいですよね。

どうしてなんでしょうか?

あなたは原因を考えたことありますか?

結果には原因があるので、「なぜ?」をとことん追求することです。

原因には様々なものがあるのですが、その中の一つ・・・

ただ単に「説明」を書いた文章では人は感動や行動してくれないということです。

なぜなら、読者に感動を与え行動してもらうには「共感」が必要だから。

なので、この記事では・・・

「共感される文章」について解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

ブログで稼ぎたければ読者に共感される記事を書くこと

 

ブログで稼ぎたければあなたの記事内容が「説明文の羅列」ではダメということ。

なぜなら、読者が「求めているもの」があるからです。

「求めているもの」があるからこそ、「検索」をかけているのだから

その「求めているもの」「何なのか」を探ることが必要になるのです。

具体的な例を出しながら説明します。

「転職」で検索してくる読者の「意図」を考える

転職というワードで検索をしてくる人は「何を」求めているのでしょうか?

「何」を探し求めて、答えが出たらその「答えについて」記事を書くのです。

なぜなら、この「何」が分からなければ、

あなたの書く文章は転職についてのただの「説明文」になってしまうからです。

この「何」にはいろいろとあると思います。

例えば、ある読者は・・・

パターンその1、単刀直入に転職先を探している

パターンその2、どの分野が良いのかを探している

パターンその3、転職はいつするのが良いのか?

パターンその1、単刀直入に転職先を探している

自分の中では「もうこの会社には別れを告げよう」と決心していて、

良い転職先を探している状態。

このときにはどのような検索ワードで検索をかけるかを考えると・・・

「転職 待遇」「転職 給料」「転職 優遇」などのワードで検索すると思うので、

それぞれのキーワードに沿って記事を書くのです。

次を見ていきましょう。

パターンその2、どの分野が良いのかを探している

どの分野が良いのかを探している読者の心情を考えます。

会社を辞めるかどうかは分かりませんが、転職分野を探しているのは事実。

なので、検索ワードとしては「転職 分野」「転職 ジャンル」などが

考えられるので、それぞれのキーワードに沿って記事を書いていくのです。

次も見ていきましょう。

パターンその3、転職はいつするのが良いのか?

今回のパターンの場合も会社を辞めるかどうかは分かりません。

ですが、転職はいつするのが良いのかが知りたいと思います。

このときには、「転職 時期」「転職 いつ」などのキーワードと見越して

それぞれのキーワードについての記事を書くのです。

読者に寄り添った文章の書き方を心掛ける

読者に寄り添った文章を書くときには「あなたと同じですよ」的な

言い回しや雰囲気を出していくことが大切です。

説明文にならずに、ストーリーをちりばめたり感情表現を入れたり、

「わたしもあなたと同じ」を演出するのです。

これが読者の共感を呼び、あなたを信じてもらえるようになるのです。

その結果、「ここに書いてある文章はわたしの為になる」と思ってもらえ、

最終的には行動をも起こしてくれるのです。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

ブログで稼ぎたいのであれば「共感を持たれる記事を書く」について

具体的な例を出しながら、解説してきました。

お分かりいただけたでしょうか?

分かりづらいところもあったかもですが、

分かるまで、腑に落ちるまで、嫌にならずに

理解するようにしてくださいね。

最初のうちはうまくいかないかもですが、

何度もやることで、だんだんやれるようになるはずです。

ブログで成功して稼いでいる人でも初めは「ブログで稼げなかった」のですから。

ということで、今回はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てることを祈っています。

以上、「ブログで稼ぎたければ読者に共感される記事を書くこと」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました