ブログで稼ぐには「読まれる記事」を書かないとダメ

スポンサーリンク
ブログで稼ぐ
スポンサーリンク

 

ブログで稼ぐには「読まれる記事」を書かないと話になりません。

なぜなら、読まれなければ売り上げが上がらないから。

ブログ初心者の頃はアクセスが集まらず、あなたが書いた記事など

全く、読まれないままだと思う。

ぼくも初心者のころには「嫌と言うほど」アクセスが集まらなくて

全く記事を読んでもらえない時期が長いこと続いた経験をしているから。

書いても書いても全く読まれないと、こころが折れますよね。

あなたもそうじゃないですか?

以前のぼくのようにアクセスが集まらなくて、こころが折れそうになっている

あなたの為に、「読まれる記事の書き方」について書いています。

この記事を読むことで、あなたはアクセスが集まり

読者に読まれる記事が書けるようになるはずです。

読まれる記事が書けるようになれば、あなたのブログからは

収益が毎日上がるようになるのです。

想像してみてください。

毎日が楽しくて楽しくてたまらなくなりますよ。

だって、報酬画面には毎日、お金が振り込まれてくるんですから。

スポンサーリンク

ブログで稼ぐには「読まれる記事」を書かないとダメ

 

そもそも、読者はあなたの記事は読まないものなんです。

これはあなたの書いた記事だからというわけではなく、

人間は生まれながらにして読まない生き物なのです。

つまり、読まない習性をもっているということ。

では、この状態から読まれるにはどうすればよいのか?

それは・・・

次の3つのテクニックで「読まない壁」を乗り越えることです。

テクニックその1、強烈なタイトル

テクニックその2、普段使っている言葉

テクニックその3、「あなた」を使い親しみやすく

テクニックその1、強烈なタイトル

読者の目を引き付けるような強烈なタイトルをつけることです。

あなたが何かを調べる時を考えればわかるよに、最初に読者が目にするのは

タイトルなので、興味を引くような強烈なタイトルをつけるのです。

強烈なタイトルをつけることによって、クリックしてくれるようになります。

具体的なタイトルのつけ方については、以前書いた次の記事を参照してください。

ブログで稼ぐには記事を読んでもらわないといけない

テクニックその2、普段使っている言葉

普段使っている言葉で書くことです。

普段使っている言葉で書くと、親しみやすくなるので

読んでもらえる確率が上がります。

この時に大切なのは、話しかけるようにして書くことです。

具体的な書き方については以前書いた記事があるので、参照してください。

読者をくぎづけにする冒頭文

テクニックその3、「あなた」を使い親しみやすく

とかく見かける間違いとして、「みなさん」と書き出している記事ですね。

これでは、読者があなたの記事を見た瞬間に「これはわたしに向けた記事ではない」

思ってしまい、すぐにあなたの記事から離脱してしまうのです。

それを避けるために、「あなた」を使うことです。

この記事の冒頭の部分を思い出してください。

「あなたもそうじゃないですか?」とか

「あなたに向けた記事になっています」とか

「あなた」を使いながら問いかけをしているのが分かると思います。

ポイントとしては、「あなた」「問いかけ」をすることによって

親しみやすさを演出できて読者の興味を引くことができるのです。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

元来、人間という動物は「読まない壁」という心理を持っていて、

目の前に書かれている活字を読まないものなのです。

ですが、「読まない壁」を乗り越えて「読まれる記事」を書くことが

求められているわけです。

「読まれる記事」を書くためのテクニックを紹介してきました。

分かって頂けただろうか?

最初は腑に落ちないかもですが、何度も読んだり考えたりしながら

腑に落ちるまで学びを続けてください。

思うようにいかないかもしれませんが、誰でも突き当たる壁ですから

乗り越えなければならないので、頑張ってやってください。

これを克服できれば、「ブログで稼ぐことが現実」となり、

ブログで稼いでいる成功者の仲間入りができるようになりますよ。

さぁ~自分にまけないで!!!

ということで、今回は・・・

ブログで稼ぐには「読まれる記事」を書かないとダメ

・・・について書いてきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました