ブログ記事が自然に長文になる方法|着眼点が違う目からウロコ情報

スポンサーリンク
ブログ 記事
スポンサーリンク

 

読者の方から質問をもらいました。

それは「ブログの記事が長文にならないのです」というもの。

この質問に答えていきます。

だらだらと長文を書いても意味は無いのですが、

自然に長文になる「やり方」をご紹介したいと思います。

ぼくが使っている方法というのは・・・

体験から導き出したことなので、再現性はあると思います。

なので、ブログ初心者でブログ記事が思うように書けないという

あなたには、ぜひ読んでもらいたいと思います。

この記事を読むことで、ブログ記事が悪戦苦闘することなく、

自然体で書けるようになると思いますよ。

スポンサーリンク

ブログ記事が自然に長文になる方法|着眼点が違う目からウロコ情報

 

ブログ記事は長文なら長文に越したことはない。などと思っていませんか?

一昔は確かに長文が有利だった時期がありましたが、今では長文は嫌われます。

だって、読者は読むのが嫌いで文章を読まないからです。

実際にあなたもそうではありませんか?

出てきた記事を流し読みだけしているでしょ?

ぼくも同じですけど・・・

というか、誰でもその程度なんですよね。

というわけで、無駄にだらだら書いている中身が無い文章など

誰も読まないし、意味がないということなんですね。

それではどうしたらよいのでしょうか?

それはですね・・・

長文が書けるようになる方法は「健在と潜在」

「自然に書いているうちに長文になっていた」というように書きたい。

これが元来の流れですよね。

だらだら、長文に無理やりするなんて言うのはナンセンス。

そうではなく、「自然に長文になっていた」ですよ。

それには顕在と潜在に読者のニーズを切り分けることをするといいですよ。

具体例で説明したほうが分かりやすいと思うので・・・

「ニキビ 治す 方法」というキーワードで検索する読者のことを
考えてみましょう。

顕在意識では、見た目が汚らしいニキビを治したいと思い、

治す方法を見つけていることが分かりますよね。

例えば、プロアクティブとかですかね。

次に考えることは・・・

潜在意識では、「ニキビを治して彼女をゲットしたい」とか「ぶつぶつニキビで

人の目が気になる」から治したいと思っているかもです。

このように、顕在ニーズと潜在ニーズに切り分けることにより、

2つの観点から記事が書けることになるのです。

これだけでも、長文が自然に書けるようになると思いますよ。

文章構成をしっかりと組み立ててから書く

文章構成をしっかり組み立ててから文章を書くようにすると

きちっとした文章が書けるのでおすすめです。

具体的な記事の文章構成の組み立て方は次の文章で細かく説明をしているので

読んでください。

【分かりやすい】ブログの文章構成の書き方とは?3つの手順を解説

また、文章構成ができたなら記事構成もしっかりと。

記事構成については次の記事を見てください。

文章の書けない大人ですが、わたしにもブログできますか?

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

今回はブログの記事を長文にできないという悩みについて

どのようにしたら長文が自然に書けるようになるかについて見てきました。

内容的にはどうでしたか?

お分かりいただけましたか?

初心者の方にはちょっと難しく感じられたかもですが、

顕在ニーズと潜在ニーズについて記事を書くというのは

SEO的にも理にかなっている方法なんですね。

なぜなら、潜在ニーズというのはSEOでいうところのベネフィットだから。

ベネフィットについての記事は次の記事を参照してください。

なにはともあれ、今日学んだ事を実際に行動に移して見てください。

何度か繰り返すことにより、今まで長文が書けなかったことが

嘘のようになりますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

以上、ブログ記事が自然に長文になる方法|着眼点が違う目からウロコ情報

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました