コロナウィルスが日本を襲う|アウトブレイクはどこまで続くのか?

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

 

2020年1月上旬、中国の武漢を発信源に新型のウィルスが現れる。

見る見るうちに中国国内を恐怖に落とし入れ、全世界に拡散。

いまや、パンデミックとなり全世界を恐怖のどん底に落とし入れた。

中国では中国共産党により、武漢を始め湖北省などが封鎖。

一歩たりとも外に出られない戒厳令が引かれる事態となった。

この記事では新型コロナウィルスが日本でアウトブレイクしている

現状を報告するとともにコロナを取り巻く背景について説明している。

現状を把握することでコロナにどのように対処したらよいのかがかるはず。

いつまで続くかわからないコロナウィルスのアウトブレイク。

あなたの生活の安全を守るためにもこの記事を読んでもらいたい。

スポンサーリンク

コロナウィルスが日本を襲う|アウトブレイクはどこまで続くのか?

 

安倍内閣総理大臣が2020年2月29日にコロナウィルスに対する会見を開いた。

その中で全国の小、中、高の学校を一斉休校にすると発表。

全国の一斉休校などと言うのは現教育体制が整った中で初めての異例事態。

多少の日時の違いがあるのだが、3月3日から3月の25日まで休校となり、

26にからの日程はその時点で考えるというもの。

この時点ではコロナウィルス感染者は全国を通しても少人数だった。

しかし、3月11日の段階では感染者数492人となり死亡者は12人となってしまった。

コロナウィルスは飛沫感染は無いとされているが実際のところはわからない。

なぜなら、3次感染の次の段階での感染が始まっており感染経路を特定できない

4次感染、アウトブレイクが始まっているからだ。

感染場所として特定されているのは若者が集まるライブ会場や

コンサート会場などなど

これを受けてコンサートは軒並み中止を決定しており、芸能界で自粛が相次ぐ。

3月11日には東北大震災の追悼式典が取りやめになったほか、

春の全国選抜高校野球大会が中止を発表したのでした。

大相撲では無観客での主催をするなど、コロナ対策が波紋を呼んでいる。

その中で群馬県太田市にある保育所の保育士が感染したことが分かり、

職員と園児含め5人が感染してしまった。

この保育所では濃厚接触者が152人とも言われているので、

感染者が多く出ることが予想されている。

感染を防ぐには一人一人の危機管理が大事

感染を防ぐには一人一人の危機管理感が必要であり、

具体的にはアルコール消毒を小まめにし、コロナウィルスを体内に入れないことだ。

どんな経路で感染してしまうかわからない状態では「自分の身は自分で守る」ことが

最も求められ、必要になってくる。

コロナ対策も同じことで、自分で守るしか方法は無いと言えよう。

ちょっと、話は脱線してしまうがコロナウィルスは全世界のマーケットにも

世界同時株暴落という悪影響を出している。

株が暴落してしまうと、わたしたちの生活にも悪影響が出る。

なぜなら、会社がいつリストラをしてくるかわからない状態になるからだ。

だから、いつリストラされても自分の力で食べていける状態を作っておかねばならない。

要するに自分を取り巻く中で、いつでも危機管理感を持ちながら生活を

死体かなければならないということなのだ。

一人一人の対処が感染拡大を防ぐのである。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

後手後手に回ってしまった日本政府のコロナウィルスに対する対応。

結果的に全国の学校一斉休校という事態を招いた。

やってしまったことをくよくよと言っていても仕方がない。

今は国民一人一人が危機管理感を持って取り組むしかない。

「自分は自分で守る」をしっかりやっていくしかないのだ。

今回のコロナウィルスの影響がどこまであるのかわからない今

一人一人の対処が必要不可欠となるのである。

ということで、

今回の記事はここで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、コロナウィルスが日本を襲う|アウトブレイクはどこまで続くのか?

・・・についてでした。

いつ、会社をクビにされるか分からない時代になっているので、「自分で稼ぐ」力を

付けなければならない。

次の記事で具体的な方法をチェックしてください。

【手順徹底解説】WordPressを使ったブログの始め方・作り方とは?
資産構築の第一歩がここから始まる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました