【暴露記事】日銀みたいな中央銀行で日本は大丈夫?海外移住の為に

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

 

日本に住んでいて「日本って大丈夫?」って思ったことないですか?

近頃、そんなことをよく考えるようになりました。

なぜなら、日本の中央銀行である日銀が不審な動きをしているから。

この記事では「日銀ってどんな銀行?」ていうことで

日銀について解説しています。

なんでこの記事を書こうと思ったかというと・・・

日本では将来は暮らせないと思っているからなんです。

安全に生活をしたいと思っているからこそのことです。

この記事を読むことで日銀が今やっていることが分かり、

どんな銀行かが分かることになっています。

スポンサーリンク

【暴露記事】日銀みたいな中央銀行で日本は大丈夫?

 

日銀がETFいわゆる上場投資信託を累計で

36兆円も買い続けて日本の株価を引き上げていたことについてお伝えしました。

元来、36兆円もの巨額なお金を投資できるだけの自己資本があったのかどうか

また、日銀がそんなに力があるのかどうかについて迫ってみたいと思います。

まず最初に日銀の概略に触れたいと思います。

29年度決算の日銀の概略とは?

29年度の決算では・・・

平成29年度末における資産・負債の状況をみると、

総資産残高は、国債を中心に前年度末と比べ7.8%増しの38兆1,963億円となっており

528兆2,856億円となった。

また、総負債残高は、預金(当座預金)を中心に前年度末と比べ7.8%増しの

37兆9,128億円となっており、524兆3,363億円となった。

銀行の良し悪しを判断するときに基準になるものがある。

それは自己資本比率という考え方であり、自己資本比率が8%以上というのが

一つの世界基準になっているのです。

国際決済銀行BISってどんな銀行?

この基準を決めたのが国際決済銀行です。

英語で言うとBank for International Settlementsと言います。

頭文字をとってBISと呼ばれたりします。

BISは、1930年に設立され、世界各国の中央銀行をメンバーとする組織で、

スイスのバーゼルに本部があります。

中央銀行間の協力促進のための場を提供しているほか、

中央銀行からの預金の受入れ等の銀行業務も行っています。

BISには、2019年(令和元年)6月末時点で、わが国を含め世界各国の中央銀行が加盟し

参加メンバーは60か国に及んでいるのです。

日本の日銀は、1994年(平成6年)9月以降、理事会のメンバーとなっています。

このBISで決められたのが自己資本比率8%という世界基準なのです。

これは世界で取引をする時に基準を満たしていない中央銀行は

世界では取引ができないことになっているのです。

銀行の自己資本比率ってなに?

銀行というのは開設するときに資本を株主から集めます。

または自分が持っているお金を資本に割り当てたりします。

これが資産の部分でいわゆる自己資本です。

一方、預金者から預かっているお金などは他人から預かっているものなので

「返してくれ」と言われれば返さなければいけません。

これを他人資本というのです。

銀行には返さなくてよい自己資本と返さなければならない他人資本とがあります。

この自己資本と他人資本を運用しているのが銀行なのです。

比率が自己資本比率になるのです。

そして、自己資本と他人資本の合計に対する自己資本の比率を

自己資本比率というのです。

分かりやすいように説明すると・・・

自己資本と他人資本とを合わせた合計で100億円の銀行があったとしたら

その中の8億円が自己資本で92億円が他人資本ならば

自己資本比率が8%ということなのです。

このことがスイスのバーゼルに本部があるBISで取り決めになった

バーゼル合意であり、世界基準ということなのです。

日銀の自己資本比率を知ってびっくり

前置きが長くなってしまいましたが、日銀は自己資本比率はどのくらいなのでしょうか?

単刀直入に言うと・・・

平成29年度末の自己資本比率は、8.09%です。

ちなみに前年度末8.07%に比べ上昇した。

ちなみに日本のメガバンクは・・・

三井住友銀行が18.19%

三菱東京UFJ銀行15.66%

みずほ銀行15.46%

この指標は2019年11月のものです。

これからすると、日銀の自己資本比率はどうなんでしょうか?

あなたはどう思われますか?

日銀が36兆円もの巨額のお金を

上場投資信託に投資していたという事実が引っかかるのです。

このように考えるのはぼくだけでしょうか?

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

日銀の実態を見ていると36兆円ものお金を上場投資信託に

投資して日本の株式市場の株価を釣り上げていた日銀。

そんなことを秘密裏にしていた実態。

あなたはどう思いますか?

実体景気を反映して株価は動くものです。

しかし、日銀が偽りの株価を操っていたなどと言う

あってはならないことをしていた日本。

このままで日本は本当に安全と言えるでしょうか?

いつ、日本という国が破綻してしまうかもしれません。

だから、ぼくは自分の力で稼げるブログやYoutubeを本気で

取り組んでいるのです。

なぜなら、近い将来日本を出国したいと思っているから。

ノマド的な生活を送るための海外生活です。

ということで、今回は今の日銀の実態についてお伝えしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、【暴露記事】日銀みたいな中央銀行で日本は大丈夫?

・・・についてでした。

ブログとYoutubeの始め方については次の記事で紹介しています。

【手順徹底解説】WordPressを使ったブログの始め方・作り方とは?
資産構築の第一歩がここから始まる。

Youtubeに挑戦中!!儲けるためにやっていること

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました