習近平の信じがたい戒厳令|武漢の1100万人皆殺しでも良い

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

 

中国、武漢を発信源にパンデミックとなったコロナウィルス。

その勢いはますます強まり中国にとどまらず全世界に拡散されてしまいました。

この記事では今、中国で起きている信じがたい現実についてお届けします。

この記事を見ることで、中国共産党がやっていること、習近平がやっていること

とんでもないことをやっていることが分かると思います。

そして、その中国共産党の信奉者が自民党幹事長を筆頭に

大勢の親中家がいることについてお届けします。

そんな日本が世直しにならないのなら一刻も早く日本を脱出したいと考えています。

スポンサーリンク

習近平の信じがたい戒厳令|武漢の1100万人皆殺しでも良い

 

中国では・・・

2020年2月6日の時点で55都市が封鎖。

そして・・・

2月13日 国防軍のWEBサイトにとんでもない情報が掲載された。

習近平が陸、海、空、ロケット軍、戦略支援部隊、連勤保障部隊これは(後方支援部隊)

武装警察部隊という7つの軍隊を武漢に派遣したのだ。

この中身はいったい何をやるために派遣したのだろうか?

当然、医療スタッフだけであれば陸軍だけで済むはずだ。

その他、支援物資の運搬をするなら後方支援部隊だけで済む。

しかし、今回武漢に入った軍隊は7部隊。

その中には戦略支援部隊、ロケット軍、連勤保障部隊がある。

この3部隊は習近平の親衛隊として活動しており、軍隊の監視役の立場にある。

軍隊を監視する軍隊ということである。。

また、習近平は武漢市のトップと湖北省のトップを自分の側近をつかせている。

各々、都市のトップを自分の側近をあて、その上軍隊で都市を封じ込めるということ。

そして、軍隊の仕事というのが・・・

武漢での信じがたい仕事というのは?

こんなことが現実社会にあっていいものか耳を疑う

それは・・・

■戒厳令のもと、国民の外出を禁止

■死体の運搬や処理をする

■情報を外に漏らす国民を処刑する

戒厳令を出し、外出禁止にしたということは、もし外出したら殺されるということ。

当然、外出禁止なのだから食料が枯渇する。自然死するということだ。

もはや、医療スタッフによる治療はあきらめて、死体を焼却するのが間に合わないので、

爆弾など、あらゆる手段を使い死体の処理をするということ。

そして、武漢で起きている情報を外に漏らさないように、サイバー班が監視をしている。

当然、パソコンやスマホは取り上げられるということだ。

逆らえば、即、殺されることになる。

というような、もはや地獄絵図と化しているのが武漢なのだ。

スポンサーリンク

習近平はヒットラー以上に冷酷なけだもの

 

2020年、2月15日に中国共産党の常任委員会があり、習近平がコロナウィルスに対して

いかに頑張ってきたかを永遠に演説をしていたという。

具体的には1月7日に指示をだし、1月20日にも支持を出し、

1月25日に会議を開いて、2月3日にも会議をひらいたなどと・・・

まさに、保身以外の何物でもないことをやったのだ。

党の内部の情報を公開した理由とは

党の内部の情報が公開されることなど無いのが通常だが、今回は公開された。

これは習近平支配下の統制が弱くなっていることを意味するのである。f

この会議の中で、習近平は指示を出している。

それは、このままだと経済が持たないので、操業を急げ

そのために交通網をできるだけ早く正常に戻せ、

それと同時に、隔離を厳密にやれと言っている。

そのために道路の封鎖もしっかりやれ

などと、支離滅裂なことを言っているのである。

最後に習近平は・・・

武漢の1100万人を皆殺しにしてもいいという指示を出している。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

習近平は武漢の市民1100万人の文字通り封じ込め、

コロナウィルスが外に出ないように、そして内需情報を外に漏らさないように

武漢市民を封じ込めたのだった。

このような信じがたい行動を平気でできる習近平を信奉してやまない輩がいる。

それは冒頭でも書いたのだが、自民党幹事長の二階俊博だ。

そして、自民党内には親中家と言われる国会議員が大勢いるのだ。

考えたくない事実だが、いるのだから仕方あるまい。

こんな輩がいる自民党が日本の政治のかじ取りをしている今、

一日も早く日本を離れ、海外移住を考えているのである。

それを実現するには自分で稼ぐ力をつけるしかないのだ。

だから、いまブログとYoutubeを真剣にやっている。

もし、なたが興味があるのなら次の記事を参照してください。

【手順徹底解説】WordPressを使ったブログの始め方・作り方とは?
資産構築の第一歩がここから始まる。

Youtubeに挑戦中!!儲けるためにやっていること

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました