中国共産党のコロナウィルス隠蔽の実態とは?

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

全世界、新型コロナウィルスの感染拡大が止まらず、

前途が見えない中、

中国では武漢の封鎖を2か月半ぶりに解除した。

市民が一斉に武漢を後にする姿が、各メディアの映像で

映し出されていた。

中国当局は中国でのコロナウィルスは終息したと

しているが果たして本当なのだろうか?

この記事では中国で終息をしたとされるコロナウィルスの

実態をお届けするとともに、中国の現状を踏まえて

コロナウィルスにどのように対処していったらよいのかを

考える記事になっています。

スポンサーリンク

中国共産党のコロナウィルス隠蔽の実態とは

 

中国のメディアはこぞって武漢の解放の映像を放映しました。

車で武漢を後にする人。

電車を使って後にする人。飛行機で後にする人。

一日で約、10万人の人が武漢を後にしたということです。

武漢解放に沸く映像の陰でとんでもないものが!

しかし、その一方で武漢を取材をしていたある記者が

とんでもない映像を提供したのでした。

それは、武漢にある火葬場に少なくとも3500個に及ぶ

骨壺があるという映像です。

武漢にはこの火葬場を含め7つの火葬場があるのですが

他の6か所でも同じくらい骨壺があるとすれば、

約25000個になります。

しかし、中国当局が発表している死者数は3000人

ちょっとに他なりません。

あなたはこの数字をどう解釈しますか?

その上、驚愕な数字が飛び出してきました。

それは新型コロナウィルスが中国で蔓延したその後、

約3か月間の間にスマホの解約件数が

2100万件あったというのです。

ご存知の通り、中国ではスマホ社会になっており

買い物やその他、生活していく上でスマホ無しでは生活できない

キャッシュレス世界になっているのです。

こんなことを言うと、2100万人死んでいるのか?

という疑問がわいてくるのですが・・・

一人で複数台持っている人もいると思うので、

全部が全部とは言えませんがかなりの人が

死んでしまったのではないかと考えます。

あなたはこの数字をどのようにとらえますか?

日本でのコロナウィルスの感染者の実態とは

日本でも医療崩壊が懸念される中、全国のコロナウィルス

感染者数が7000人を突破してしまいました。

一日の感染者数も全国で800人に迫る勢いです。

この感染者も2週間前に感染した人たちが今PCR検査を

受けて陽性と判断されている数字ですから  、

今後感染が拡大するのは必至とみられます。

各地でクラスターが出ており、収拾の文字など全然

見られない状態で、今後拡大が必至の状態です。

スポンサーリンク

まとめとして

日本ですら、このような状態なのですから中国の武漢では

医療崩壊の末、習近平が治療を放棄し軍隊を武漢に派遣した。

つまり、死者を素早く処分するという策に出たのですから、

当然死者は驚愕の数字になったということが予想できます。

このことから考えても、

このスマホ解約件数の2100万件は意味があると思います。

あなたはどう思いますか?

このようなとんでもない隠蔽を平気でやってしまう中国。

中国だけではありません。

日本でも中国ほどではないですが、隠ぺいがあるのです。

こんな世の中になったのですから、会社を信じたり、

政府、国を信じることなどできません。

これからは一人の力で生きていく時代ということに向き合って

生きていく時代だと確信しています。

なので、ぼくはブログYoutubeをやっているのです。

それでは今回の記事はこの辺で失礼します。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは次の記事でまたお会いしましょう。

以上、中国共産党のコロナウィルス隠蔽の実態とは?

・・・についてでした。

初心者必見「ブログを始めよう!」と思ったら何をすればよいの?

Youtubeの収益化に成功|長い道のりだった

コメント

タイトルとURLをコピーしました