ついにコロナウィルスの正体が明らかに!感染を防ぐ方法はこれだ!

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

全世界にコロナウィルスが感染拡大を見せている現在。

ついにコロナウィルスの全貌が見えてきました。

この記事ではコロナウィルスの正体を明らかにし、

どうしたらコロナウィルスに感染しない、生活ができるのかについて

お届けしたいと思います。

スポンサーリンク

ついにコロナウィルスの正体が明らかに!感染を防ぐ方法はこれだ!

 

コロナウィルスの感染は人から人への感染とみられていましたが、

どうもそうではなく、人から物へそして人へというように

一度ものを介して感染しているのです。

感染経路が人から人へではなく、人から物へそして

安倍総理が全国の学校を一斉休校にして1か月半がたち、

東京をはじめとして自粛要請を始めて2週間がたとうとしています。

そんな中で、マスメディアが報じているのが自粛が全国で行われ

人との接触が半減したということが事実になってきました。

しかし、コロナ感染は半減するどころではなく激増の一途をたどって居るのです。。

この状況から考えられることは何かというと・・・

それはコロナウィルスが人から人への感染ではなく、

違う感染の仕方があるのではないかということなんです。

日本でのコロナ研究が進む中、テレビ番組・たけしのテレビタックルに

レギュラー出演されている科学者でコメンテイターの武田邦彦さんが

コロナ感染の徹底的な解説をしてくれました。

具体的な感染経路が明らかに

それは、人から人への感染ではなくその間にものを介するというもの。

例えば、スーパーなどに買い物に行ったときに買い物かごを手にします。

買い物かごは不特定多数の人が触るものなので、その中にコロナ感染者が

触った買い物かごもあるということです。

家から一歩出ればいたるところに不特定多数の人が触ったものを触ることになります。

例えば、ドアノブです。電車のつり革です。コンビニの本です。

究極であれば、お金です。

ことあるごとに不特定多数の人が触ったものを触るのです。

武田さんが言っていたもので、「あ~そうなんだ」というものがありました。

それは公衆トイレを使ったときに上蓋を閉めずにトイレの水を流したときに

目に見えないしぶきが壁に飛び散るというのです。

壁や床に飛び散ったコロナウィルスはそのままになり、やがて人に感染してしまうのです。

その飛び散る範囲は9メートル四方と言っていました。

公衆トイレでは不特定多数の人が使用するものです。

だから、怖いと言いうことなのです。

日本政府が発表しているデーターでは感染経路が分からない人が

8割近くいるということですが、このようなことが感染の原因になっているということ。

いわゆる市中感染ということ。

いたるところでコロナウィルスに感染してしまうという

リスクがあるということ。

これを踏まえてぼくたちは生活をして行かなければならないのです。

コロナウィルスに感染しない生活の仕方とは

対策としては自分の体にはコロナウィルスが付着しているかもしれないと

いつも考え、うがいを小まめにして消毒を小まめにすること。

これに尽きるのです。

そして、くしゃみや感染者がしゃべったときに飛沫する唾液などにより

感染するリスクに備えマスクは最低条件だと考えます。

最後になりますが、コロナウィルスは正式には武漢ウィルスです。

日本ではコロナウィルスだとか新型コロナウィルスと言っていますが、

正式には武漢ウィルスというのです。

ということで今回の記事は終わりにしますが、最善のコロナ対策は

外出をしないで家で過ごすことです。

家で稼げる副業がこんなときには最高ということ。

だから、ぼくはブログYoutubeをやっているのです。

ぼくがやっているブログとYoutubeに興味があるのであれば

次の記事でチェックしてみてください。

【手順徹底解説】WordPressを使ったブログの始め方・作り方とは?
資産構築の第一歩がここから始まる。

Youtubeに挑戦中!!儲けるためにやっていること

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、ついにコロナウィルスの正体が明らかに!感染を防ぐ方法はこれだ!

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました