一律10万円給付決まる|公明党山口代表の意向が通る

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

 

コロナウィルス対策費として条件付きの30万円給付が

国民に不評な政府の愚策として評価されていた。

ここにきて、世評を重く捉えた共産党の山口代表が

同朋、安倍晋三総理大臣に進言したのだ。

それが今回決定された国民一人あたりに一律

10万円給付というものだ。

この記事ではこの10万円の決定がどのようになされたのか

時系列で説明している。

スポンサーリンク

一律10万円給付決まる|公明党山口代表の意向が通る

 

そもそも、コロナウィルス緊急対策費としては条件を付けた給付は

日本だけのものだった。

例えば、アメリカでは大人一人当たり条件なしで一律13万円を

そして、子供にまでも一律5万5千円を支給するという。

イタリアなどでは30万円としている。

そんな中、日本では・・・

条件付きの30万円給付は世間に不評だった

条件付きの30万円が政府の愚策として世間では不評を招いていた。

その上、安倍総理のとんでもないYoutube動画が出たことで

信用失墜状態になり、このままではいけないということで

共産党の山口代表が安倍総理に進言したのだった。

その上、自民党幹事長二階も動き始めていた。

「悪タヌキ」と異名をとる二階だが、今回は世評を気にしたのか

善行となる10万円支給の進言をしたということだ。

あらゆるSNSでたたかれまくっている二階だがたまには良いことをする。

驚いている人もいるのではなかかろうか?

これには深い理由があるのだ。

深堀したい人は次の記事を読んでもらいたい

ついにコロナウィルスの正体が明らかに!感染を防ぐ方法はこれだ!

民意を意識した対応が必要だった

星野源がYoutubeに投稿したコラボ動画でステイホームを言いたかった

安倍総理大臣がとんでもない動画を投稿してしまったのだ。

上級国民丸出しのブルジョア気分たっぷりの「のんびり動画」

国民の怒りは最高に達し、バッシングの嵐となった。

安倍晋三の人気は一気に急降下となり、支持率が急降下。

これを受けて、今回の一律10万円支給という運びとなったのだ。

民意を意識した対応が必要だったということだ。

しかし、今回の対応で政府は安心していてはだめだ。

なぜなら、コロナウィルスが終息するまでには2年かかるという見方もあるからだ。

今回の10万円の支給を早急にして第二の手当ても今から考えておくべきだ。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

10万円一律給付がどのような経緯で決まったかについて見てきました。

しかし、10万円が支給されるから安心というわけにはいかない。

私たちの安全な生活を脅かすコロナウィルス。

万全な対策が必要なことは言うまでもない。

対策については次の記事を参照してください。

そして、一度決めたことをいとも簡単い変更してしまうような

政府ではいつ、安全な生活ができなくなるか分かりません。

なので、ぼくはブログYoutubeという自分の力だけで

食べていける資産構築をしているのです。

以上、一律10万円給付決まる|公明党山口代表の意向が通る

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました