表現する手段としてのSNSの使い方|言論の自由は素晴らしい

スポンサーリンク
ツールの使い方
スポンサーリンク

 

インターネットの普及で思っていることを自由に表現することができる時代になった。

しかし、この自由な表現も資本主義の国だから許されることであって、

中国などの共産主義国では許されていない。

中国では今でも新疆ウィグル自自区の人たちは迫害を受け、

身柄を拘束され、牢獄に入れられる人が後を絶たないという。

現代のこの文明が発展している時代にですよ。

ぼくたちには想像もつかない世界ですよね。

ある意味、ユダヤ人を迫害したドイツのヒトラーよりも怖い存在、

それが中国の最高責任者・習近平なんですね。

冒頭から話が脱線してしまいましたが、この記事ではSNSの有効な使い方について

お話したいと考えています。

なので、中国などの国を抜かした資本主義下での記事として捉えてください。

スポンサーリンク

表現する手段としてのSNSの使い方|言論の自由は素晴らしい

 

あなたはSNSと聞くとどんな印象を持っていますか?

例えば・・・

アメリカのトランプ大統領が良く自分の意見を投稿するTwitterでしょうか?

それとも、ちょっと古くなりますがピコ太郎が一世風靡したYoutubeでしょうか?

あのジャスティンビーバーが自身のTwitterでピコ太郎の動画を見て、

「面白いから見て」とコメントしただけで全世界に拡散された

「I have a pen~」ですよね。

いずれにしても、レバレッジの効いたSNSは表現するには格好なツールということ。

いつでもどこでもスマホ一つあればSNSで自分の主張などを表現できる時代。

それが現代ということですよね。

Twitterは需要を読み解くツール|世の中の興味を探す

Twitterは世間が何を求めているのか?何に関心があるのか?

需用を探すツールだと考えています。

なぜなら、「とあるつぶやき」について関心がある人は手軽に

リツィートしてくれたり、いいねをつけたりしてくれるからです。

これについてはブログ界をリードするマナブログを運営しているマナブさんも

言っていることでして、「世の中の興味」を探すのにはTwitterが良いと。

ということで、需用を読み解くツールとしてはTwitterということですね。

使う時の注意点としては、一日に何度もつぶやくということ。

一日に、たった一回ということではなく複数回が良いと言っています。

そして、ぼくも同感です。

Twitterで反響があったテーマについて次のSNSで深堀していくのです。

それでは次のSNSは何でしょうか?

TwitterとYoutubeは相性の良いツール

結論から先に言ってしまうと、Twitterで反響があったテーマをYoutubeで深堀。

これこそ最強の連係プレーだと確信しています。

なぜなら、マナブさんもやっている手法だからです。

でも、Youtubeってなかなかやっていない人の方が多いと思います。

その場合は、ブログでしょう。

でも、還暦を過ぎたぼくでさえもYoutubeをスマホ一つでやっているのだから

この際、やってみることをおすすめしますよ。

僕どころじゃないんですよ。

92歳のおばーちゃんでゲーム実況をしているYoutuberだっているくらいですから。

あなただってきっとYoutubeできると思いますよ。

興味があるのであれば、ぼくがYoutubeを始めたきっかけになった記事は

次の記事なので、ぜひ参照してください。

Youtube動画はしんどいけど十分に稼げるっていう話し

ということで、TwitterからYoutubeが有効的な利用方法だと思います。

誹謗中傷・反社会的なことは書かないこと

SNSで表現するときに注意してほしいことは誹謗中傷だとか

反社会のことなどは書かないことです。

表現するとなると不特定多数の人にあなたの投稿が見られるということなので、

誹謗や中傷など人を傷つけることなどはやらないことです。

やればやられるのは世の常ですからね。

それから、やくざや右翼についてなどもNGと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

SNSは使い方によっては有効利用ができるツールです。

特にTwitterからのYoutubeは非常に相性がよく、いわゆるインフルエンサーたちも

こぞって使っているやり方なのです。

Youtubeについてですが、しゃべるのが下手だから、顔出しするのが嫌だから

その他、いろいろとやらない理由をつけてやらないのではもったいないです。

なぜなら、高速通信の5Gになって動画の需要がこれからますからです。

今からでのYoutube参入でも遅くは無く、今からでも十分OKだと感じています。

Youtubeに関しての始め方については次の記事を参照してください。

Youtubeに挑戦中!!儲けるためにやっていること

それではこの記事はこの辺で終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上、表現する手段としてのSNSの使い方|言論の自由は素晴らしい

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました