アフィリエイトの胆は導線にあり※具体的な実践法を教えるよ

スポンサーリンク
アフィリエイト 記事
スポンサーリンク

 

この記事ではアフィリエイトでポイントとなる核となる

導線について解説しています。

どの記事を見てもアフィリエイトでは導線が最重要だということ。

導線がしっかりしていなければどんなに良い記事を100書こうが

1000記事でも売り上げが立たないということ。

毎日、愚直に歯を食いしばりながら頑張っている、努力している

ブロガーさんが可哀そうです。

だから、そんなブロガーさんが少しでもこの記事を読んで、

売上が立つ「コツ」みたいなものを掴んでもらいたくて書くことにしました。

サクッと読めるように明瞭簡潔に書いたので、最後まで読んでもらいたいです。

それでは本文に入っていきましょう。

スポンサーリンク

アフィリエイトの胆は導線にあり※具体的な実践法を教えるよ

 

自分の書いた記事を読んでもらいたいという思いから、ライバルサイトの分析をし

SEOを考えたうえで、キーワード選定、文章構成、記事構成をやって記事を書いている。

日頃の努力に脱帽するようなブロガーさんが大勢います。

しかし、何かが欠け落ちているため売り上げが思ったように出ていない。

それが実状のようです。

とかいう、ぼくも以前その一人だったんですが・・・

しかし、ある時に、それまでは独立していた点と点が繋がったんです。

非の打ちどころがないブログ、サイトでもランディングページが無い

見た目にとても立派で、非の打ちどころがないブログやサイトでも

売り上げが立っているページが見当たらない。

そう、ランディングページです。時にはキラーページということもあります。

このランディングページが無いので、集客記事が500記事以上あるような

大型なブログやサイトでさえも売り上げが上がってないことが良くあるのです。

ランディングページが無いということは致命傷的な間違いをしており、

せっかくの努力が報われないままになっているということ。

このことに早く気を付けばよいのですが、お気の毒です。

なので、そんなあなたに対して、声を大にして言いたい。

「一日も早くランディングページ、キラーページを作ってください!」と。

ランディングページはキラーページであり収益ページである

ランディングページというのはキラーページとも呼ばれており、収益ページです。

なお、ランディングページがキラーページと呼ばれている所以や

収益ページということについては次の記事を参照ください。

より理解が深まりますよ。

キラーページとサイト構成はアフィリエイトの胆ですよ【初心者鉄板】

ブログ内の記事を読みに来てくれた読者がブログ内を回遊してくれて

滞在時間が長くなればなるほどGoogleの評価が上がります。

しかし、このときに忘れてならないのがランディングページの有無なのです。

収益ページからランディングページに読者を誘導する

今回の記事の中で一番言いたかったことが・・・

「読者をランディングページへ誘導する」ということです。

誘導するときに大切なのが、自然に誘導するということ。

「自然に誘導する」というのがポイントですね。

しかし、自然に誘導するというのはちょっと始めは苦労するところで

肌感覚で分かるようになるまでは先駆者のやり方をパクるしかないです。

次の記事は成功者のブログなので、「同線の張り方」が学べると思います。

ブログで稼ぎたいなら成功者から学ぶこと|成功例3選

こればっかりは教えようがないので、何度も何度も実践から覚えるしかないです。

とにかく読者をランディングページへ誘導するということですね。

次は具体的なランディングページの作り方ですが・・・

このトピックスについては次の記事をご覧ください。

【売れすぎ注意】キラーページの具体的な作り方を解説

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

集客記事を読んでくれている読者を収益記事に回す。

「読者をランディングページに誘導する大切さ」について解説してきました。

ブログ運営者の中には100記事、いや300記事書いているのに

思ったほど売り上げが立っていないのがほどんど。

そんな実態を打開してもらいたいので、この記事を書いたのです。

ブログで成功するのには「読者をランディングページに誘導する」

この導線が大切だと言ことを何度も言いたい。

誘導する導線ですよ。

これを機会にもう一度、自分のブログなりサイトを見直してはどうですか!

ということで、今回の記事はこの辺で終わりにします。

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

また、次の記事でおわいしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました