ブログを読んでもらうには何が必要なんだろう?

スポンサーリンク
記事を見てもらう方法
スポンサーリンク

はいこんにちは還暦ブロガーのおーちゃんです。

ご訪問頂ありがとうござます。

僕のブログではクールス好きな還暦ブロガーおーちゃんが日々ブログで生計を立てている

具体的な方法について書いているブログになります。

具体的にはブログでの集客方法やブログでのマネタイズのやり方などなど

ブログ初心者の方に分かりやすいように僕が悩んで壁にぶつかり、

挫折を何度も味わいながら、それでも書き続けているブログの魅力なども取り入れながら

これからアフィリエイトをやっていこうと意気揚々としているあなたのような人に

少しでもお役に立てられればと思い書いているわけです。

ブログなどと言うと若い人がやるものだと決めつけていませんか?

この考え方を捨ててくださいね。

なぜなら、僕は57歳の時にブログを書き始め、今では還暦過ぎの62歳という歳になり

自称、「還暦ブロガーおーちゃん」として日々生活しているからです。

ついでなのでちょこっと自己紹介を兼ね、今までの経歴を書きますね。

雑記ブログ「今どき速報」というブログを運営していたことがあり、月間30万PVを達成。

注)「今どき速報」はグーグルのアルゴリズムの変更でバンされ今はありません。

この時の報酬はアドセンスで約10万円を達成しております。

その証拠は次に動画と画像で証明しておきますね。

 

アドセンス収益

ということで、60過ぎの老体でもブログはやれるということなのです。

なので最後まで見ていただければなと思います。

さてこの記事でご紹介するのは「ブログを読んでもらうには何が必要なんだろう?」

テーマを絞って解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ブログを読んでもらうまでにすべきこととは? (たった2つだけ)

 


あなたが書いたブログを読んでもらうためにすることは次の2つです。

方法その1、読む立場から考える

方法その2、権威性をちょっとでもいいから書いてみる

それでは一つずつ解説していきます。

方法その1、読む立場から考える

まずはここであなたが考えなければならないことは・・・

読む立場になったらどんな記事を信用して読むだろうか?ということです。

具体的に言えばあなたが何かをインターネットで調べる時のことを考えるのです。

そうですね~例えば・・・ 今一番気がかりな「東京オリンピック」を例にとって
考えていくことにしましょう。

GoogleでもYahooでもよいので「東京オリンピック 開催 」などというキーワードで
検索してみましょう。

するとオリンピック委員会が運営している公式ブログはもちろん、

得体の知れないブログやサイトがずらりと並びます。

この時にあなたはどの記事をクリックして読もうと思いますか?

ここからがスタートです。。。

やっぱり「公式ページ」を名乗っているブログやサイトを見ると思います。

この行動はどういうことを示しているかと言えば・・・

あなたが無意識のうちに「この記事は信用しても良い記事なのか、それとも信用してはいけない記事なのかを振り分けている」ということなのです。

それではもう一つ具体例を出して考えてみましょう。

そうですね~ 今ではコロナウィルスの関係で毎日「体温」を計っていると思いますので

「体温」で行ってみましょう。

やはり「体温」で検索してみてください。

するとこちらの画面が表示されると思います。

これは体温計で同じみの「テルモ」が運営しているサイトが上位表示されています。

テルモと言えば体温計では大手中の大手でその分野では右に出る会社が無いほどの

実績もあり信頼もある会社です。

ちなみに僕は何か健康に関することを検索する時にはいつもこのサイトを利用しています。

これを突き詰めて考えてみると「信頼に基づく信憑性」ということに尽きるのです。

なぜなら、どこの誰だかわからない人が書いたブログやサイトでは「信憑性は?」ということ。
ここまで読んでもらったら分かっていただけると思います。

ぼくたちが記事を読むときにはどうしてもその記事が信憑性があるのかどうかを

無意識のうちに見き分けているということなんです。

それでは読む立場からは分かったので、記事を書く立場から考えてみましょう。

方法その2、権威性をちょっとでもいいから書いてみる

さあ、ここからがこの記事の本質というか本題です。

さっき、この記事の最初の方で僕の自己紹介をちょこっとしました。

その時、お気づきになりましたか?

僕はちょこっと権威性を示して、あなたに信憑性を与えたんですよ。

それはこの記事を読んでくれている人というのはこれからブログをやりたい人

今ブログを書き始めているんだけど、ちっとも売り上げが立たない人

色々とブログに関する悩みを抱えている人だと思います。

だから、僕は自己紹介であえて月間30万PVのショート動画と証拠写真となる

アドセンスの報酬画面をお見せしたのです。

僕は大きな会社を経営しているわけでもなく、ただ単の還暦を過ぎたオヤジです。

でも、こんなオヤジでもブログで生計を立てているという現実を知っていただくために

冒頭部分で示したわけです。

こんなことを書くと「お前は少なくとも実績があるから書けるんだ!無い奴はどうするんだ!」などと言う人が居るはずです。

確かにブログ初心者の始めたばかりの人にとってはどうしたらよいのか悩むところでしょう。

僕も初めは「権威性なんて全然ないよ」と悩みました。

でも、そんな時に効果的なやり方が存在しているのです。

それは「芸能人や権威のあるかたに登場してもらう」というやり方です。

芸能人のように名の知れた人が「言っていたこと、勧めていること」は万人が信用するということを利用するものです。

そうですね~例えば。。。

ニキビケア商品のプロアクティブという商品についてブログで書くとしましょう。

その時に「芸能人の〇〇が言っていたのですが・・・」などと書いてその芸能人の権威性というか信憑性を利用させてもらうやり方です。

これと同様に先ほど出ていた体温計の大手「テルモ」を使うこともできます。

テルモのサイトを見てもらえばわかるのですが、色々と健康に関する記事やデーターが載っているので健康に関する記事を書くときなどは・・・

「東証一部の体温計大手テルモでも公表していることですが・・・」などと

テルモという会社の権威性と信憑性を利用させてもらうのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回取り上げたのは「ブログを読んでもらうには何が必要なんだろう?」 について

書かせてもらいました。

最後におさらいになりますが、

読む立場から考える
権威性をちょこっと書いてみる

この2つのことをしっかり頭に入れ、ブログを書くようにしてください。

そして正しいやり方でブログを書いていくのです。

その時に初心者さんにお役に立つのがこちらの記事です。

ブログ制作ツールSIRIUSレビュー記事

最後まで見ていただきありがとうございました。

それでは次の記事でまたお会いしましょう。

おーちゃんでした。

なお、冒頭でお話したクールスについて最後に一言。

クールスとはバイクチームで1970年代に時代の寵児へと上り詰めたのです。

バンドCOOLSとしてもデビューを果たしています。

メンバーの中には舘ひろしさんや岩城滉一さん、そしてクレイジーケンバンドの

横山剣さんもクールスに居たのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました