ブログは大変だ!記事の書き方のテンプレートがあったらいいのに

ブログ
スポンサーリンク

 

 

 

ブログ初心者
ブログをやり始めて、本当に大変なのが記事を書くこと。

自分には記事を書く才能が無いのとがっかりですけど・・・

何かテンプレート的なものがあったらいいのにな~とおもいます。

 

 

こんな切実な思いをもらいましたので、初心者の時のことを思い

ぼくが解説していきたいと思います。

チョット、自己紹介させてください。

インターネットというかパソコンを触りだしたのが4年前です。

何にもわからないところから、キーボードを押すのにも人差し指で

ポチっ!ポチっ!と。。。

 

 

そんな状態だったぼくが月間、30万PVのブログを運営できたのでした。

 

 

アドセンスの売り上げで、98000円を達成して、さあ~これからだというときに

ぼくのブログは圏外に吹き飛ばされてしまいました。

見る見るうちに、売り上げは下がっていきとうとう1000円も稼げないブログに。

どん底でした。暗闇の中をさまよい続けました。。。。。。。。。。。。

でも、今もこうしてブログを書き続けています。

なんでだと思いますか?

それはブログには底知れぬパワーがあるから・・・

そんなぼくが解説をしていきます。

スポンサーリンク

ブログは大変だ!記事の書き方のテンプレートがあったらいいのに

 

 

タイトルを見てあなたもつくづくそう思いませんでしたか?

記事の書き方テンプレートに文字を入れるだけで、記事が書けてしまうんですよ。

ぼくは初心者のころには本当に記事を書くのに大変苦労をしていました。

なので、今回の質問者の方の悩みというのはみんなが悩んでいるものだと思い

この記事を書こうと決めたのです。

この記事を最後まで読んでもらえれば、きっと記事を書くのにストレスなく

書けるようになると確信しています。

スポンサーリンク

記事の構成に合わせて記事を書く|3つのパートとは?

 

 

3つのパートとは次の項目です。

 

その1、書き出し(冒頭部分)

その2、本文(主張の部分)

その3、まとめ(行動を促す)

 

次の図を見てもらうと枠組みが分かると思います。

 

 

読者というのはほとんど文章など読まないものです。

そんな読者に読んでもらうには工夫が必要なのです。

なので、冒頭部分から本文そして、まとめまで読者を引き留めることが!

それには・・・

読者が求めている回答をズバッと書いてあるかどうかです。

いわゆる検索ユーザーの意図を読み解いて読者を満足させること。

これをもっと良く理解するのにはこちらの記事を合わせ読んでみてください。

キーワードから検索ユーザーの意図を知る方法|アフィリエイトの胆

 

順番に分かりやすく説明をしていきますね。

ブログ記事の書き方テンプレート|書き出し編

 

 

書き出しを制する者はブログを制すると言っていいほど大事なパートです。

というのは、読者がここであなたの記事を読むか読まないかを決めるからです。

具体的に言えば、初対面での自己紹介と同じです。

この自己紹介で、鮮烈に相手にイメージをたたき込めればあなたの勝ち。

でも、叩き込めなければここで読者はあなたの記事を読まなくなります。

だから、自己紹介に当たる書き出しで読者の心をわしづかみする必要があるのです。

そのためには次の2つのポイントが大切です。

 

その1、読者の心をわしづかみにする書き出し

その2、書き出しのテンプレートが絶対

 

その1、読者の心をわしづかみにする書き出し

 

 

次に掲げるテンプレートはおすすめです。

このテンプレートはブログカレッジから引用させてもらっています。

   引用元:ブログカレッジ

このテンプレートに当てはめることによって、読者の心をわしづかみにする

見出し文が書けるようになるでしょう。

ブログ記事の書き方テンプレート|本文編

 

 

本文で大切なのは次の2つのことです。

 

■あなたの主張を伝える

■まとめまで誘導する

 

本文はブログ構成で大切なパートです。

ここではあなたが主張をするところです。

記事の中核になる部分ですので、中身の濃いコンテンツにしていきましょう。

それには事前の下調べが大切なのは言うまでもありません。

ここで、内容がない文章を書いているようじゃあなたのブログは伸びません。

なので、時間をかけて下調べをして役に立つ情報を提供しましょう。

それと同時に・・・まとめへの誘導という役目があります。

それには具体的に本文テンプレートを使いましょう。

次の図を見てください。

   引用元:ブログカレッジ

赤いところに注目してください。

これらの接続詞を使うことを意識しましょうj。

ここでオススメな文章の書き方ですが・・・

『結論→理由→根拠→具体例』です。

これを実行することで読者をまとめまで誘導する本文が書けるようになるでしょう。

次はいよいよまとめですね。

この本文の書き方は次の記事を合わせて読むことでより深い理解ができるはずです。

誰も教えないブログのコツを教えます|SEOなんてくそくらえ!

ブログ記事の書き方テンプレート|まとめ編

 

 

ここまで読んでくれた読者に対して、行動を起こしてもらうパートです。

まとめは要約して読者に本文の内容をもう一度確認してもらう部分です。

このときに大事なのが、箇条書きにして完結明瞭に表すこと。

そして、何より大事なのは読者に対して、行動してもらうためのパートだということ。

具体的には、記事の内容を実践してもらうことで、読者の悩みが解決することを

再度伝えることです。

初心者の方には慣れない文章書き、さぞつらいことの連続だと思います。

というのはぼくも初心者のころは書く手が止まってしまい、何度も、何度も途中でやめたい

衝動にかられたことか!

でも、それは誰でも同じ壁、経験をしていることなのです。

繰り返し、繰り返すことで乗り越えていくしかないのです。

この記事を何度も読んでくれることで、少しずつでもあなたは記事が

書きやすくなると思います。

それでは最後になりますが、この記事があなたのお役に立てたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました