絶え間なく読者が必読|アフィリエイト記事の書き方とは!

アフィリエイトのやり方
スポンサーリンク

 

 

 

アフィリエイト初心者

アフィリエイトをやっていても少しも成果が上がらない

記事の書き方に何かコツがあるのかしらん

アフィリエイト記事の書き方を教えてください。

こころが折れそうです。。。。

こんな切実な相談をもらいましたので、答えたいと思います。

お前は誰だ?ということもあるので・・・

ざっくり、ぼくの自己紹介をしておきます。

■専業でアフィリエイターを4年ほどやっている

■高額塾や教材で400万円を散財

■30万PVのブログ「いまどき速報」を運営

■いまどき速報が圏外に飛び、どん底を味合う

■メンターとの出会いを境に再起をはかっている

というところでしょうか。。。

それでは解説に入っていきましょう。

スポンサーリンク

絶え間なく読者が必読|アフィリエイト記事の書き方とは!

 

 

読まれるアフィリエイト記事の書き方はいたってシンプルな手順です。

手順は次の通りです。

 

手順その1、キーワード設計

手順その2、読者設計

手順その3、購買設計

手順その4、タイトル決め

手順その5、記事構成作成

手順その6、文章の肉付け

 

記事は適当に書いていたのでは読まれることなんてないでしょう

なぜかというと、検索ユーザーの求めていることに答えた記事になってないから。

具体的に言えば、ぼくが3年間、この記事設計をしないで思い付きで書いてきた

記事が1000記事以上はあるのですが・・・

今では1日に20PVくらいしかないというのが現状。

ということで・・・

検索ユーザーに寄り添った記事を書くことが読まれる記事を書くことなのです。

検索ユーザーに寄り添った記事の作り方はこちらの記事をチェックしてください。

キーワードから検索ユーザーの意図を知る方法|アフィリエイトの胆

手順その1、キーワード設計

 

まず、最初にやるべきことはキーワードを選ぶこと。

どのように選ぶかというと・・・

自分で興味を持っていることや得意分野から選ぶと良いでしょう。

ちなみにこの記事は「アフィリエイト 記事 書き方」とキーワードを設定しています。

 

〇実際に検索してみる

実際に選んだキーワードでググってみましょう。

上位、10サイトを流し読みをして、自分が書く記事がトップ10に入るのに

価値があるかどうかを検討してみるのです。

価値あると思えば書いたらいいし、ないと思ったらそこで止めるだけです。

止めるだけと言っても、切り口を変えてキーワードを考え直すということです。

 

〇順位分析ツールがキーワード設計には必須

ブログを運営していくうえで、絶対と言っていいほど必要です。

それが順位分析ツールのGRCです。

こんなのなくても大丈夫と言って入れないで経費をけちる人がいますが

こういう人はいつまでいっても稼げません。断言します。

ブログアフィリエイトには分析ツールは必須ですから

手順その2、読者設計

 

ここでは検索ユーザーに対してのことを深く掘り下げます。

掘り下げる項目は次の3つです。

 

項目その1、検索ユーザーが持っている悩みや問題を明確にする。

項目その2、あなたの記事を読めばうなるのかを具体的に伝える。

項目その3、②で示した結果になる根拠を伝える。

 

具体的にこの記事で解説していきますね。

項目その1は冒頭の部分の吹き出しで、問題提起をしております。

項目その2については、この記事を読むと吹き出しの問題が解決すると主張する。

項目その3については自己紹介のところで権威性を提示しています。

手順その3、購買設計

このパートはとても大切な部分で、さりげなく内部リンクを貼ってみたり

おすすめな本などということで、誘導したりします。

この記事を例に出せば・・・

検索順位チェックツール登録、アフィリエイトASP登録、本購入などです。

なお、購買設計で大切なポイントは無理やりすすめるのではなく

あくまでも自然に、さりげなく振る舞うように。。。

【収益UP】おすすめなアフィリエイトサイト9選【裏ワザあり】マナブ

手順その4、タイトル決め

 

タイトルはキーワードを入れておけば基本OKです。

なぜなら、記事設計で大切な部分はその3までで終わっているからです。

もう、全体の9割が終わっていると言っても過言ではないくらいです。

それほど、その3までが最重要項目だったということです。

タイトル決めで大切なことと言えばキャッチーなタイトルです。

キャッチーにタイトルを考えるときに役に立つ記事はこちらです。

こちらの記事を何度も読むことであなたもキャッチーなタイトルが付けられるはずです。

クリックされやすいタイトル17選【先人の知恵を取り入れよう】

 

手順その5、記事構成作成

 

これについては目次を作るイメージですね。

下の図をご覧ください。テンプレートです。

テンプレートに関してもっと落とし込みをという方はこちらを参照。

ブログは大変だ!記事の書き方のテンプレートがあったらいいのに

手順その6、文章の肉付け

 

記事設計を経て大見出し、小見出しが整ったと後にすることは

その見出しに関して、記事を書いていくだけです。

自分で書ける部分はどんどん書いていき、ちょっと調べたいことがあったら

その見出しに入っているキーワードでググりながら参考記事を見つつ書くだけです。

このようにして、本文に肉付けをしていくのです。

そして、ところどころにアフィリエイトの導線を張り巡らすのです。

同線の張り巡らせ方はこちらの記事をまねると売り上げが立つでしょう。

ブログで稼ぐ方法を成功者から学ぶ|成功例3選

 

スポンサーリンク

記事のライティング能力を高める方法とは?

 

 

それはズバリ、毎日記事を書くことです。

な~んだ!と思われましたか?

でも、これしかないのが真実なんです。

そんなことを言うと、お前はただ精神論を言っているだけだとか

言う人がいますが、実際のデーターが証明しているのです。

以下はぼくのブログのkasegu.tokyoのSearch Consoleのデーターです。

 

 

見てもらえばわかる通り、閲覧数が上がっているのが分かります。

このブログを立ち上げたのが約1か月前で、投稿記事数が約60記事くらいです。

注)毎日、記事を投稿しています。
まだ、Google adsenceなどの広告は貼っておりません。

毎日、記事を書くことを継続しながらライティング能力を養っているのです。

スポンサーリンク

アフィリエイトは無理ゲーだけど無理じゃない

 

 

先ほど提示したぼくのブログの分析データですが、何よりの根拠になっています。

毎日、記事を投稿し続ければ必ず結果はついてくるということです。

遊びではなく、本気にブログに取りくむのならブログは無理ゲーではなく

無理ではなくなるのです。

参照記事はこちら

ブログで稼ぐのは無理ゲー!実態を把握せよ

なお、本記事のタイトルの決め方についても参照記事はこちらから

【完全アラカルト】ブログで「儲かるキーワード」の選び方

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

 

今回の質問の・・・

 

アフィリエイトをやっていても少しも成果が上がらない

記事の書き方に何かコツがあるのかしらん

アフィリエイト記事の書き方を教えてください。

こころが折れそうです。。。。

 

この相談の説明を長々してきましたが・・・

最後におさらいをしておきます。

 

■キーワード設計

■読者設計

■購買設計

■タイトル決め

■記事構成作成

■文章の肉付け

 

これが今回の回答です。

それではぼくの解説はここまで終わりです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

追伸:くれぐれも検索ユーザーの疑問や悩みを解決する記事を書いてくださいね。

それにはくどいようですが、こちらの記事が参考になるはずです。

キーワードから検索ユーザーの意図を知る方法|アフィリエイトの胆

コメント

タイトルとURLをコピーしました