クールス

スポンサーリンク
クールス

【舘ひろしの秘密】クールスとヘルズエンジェルスの関係を暴露!?

1977年に苦渋の選択をし、バンドクールスを脱退を決めた舘ひろしは一路アメリカに赴いた。その目的はレコーディングにあったのであるが、それ以上に彼の気持ちを振るい立たせていたのはバイクチーム・ヘルズエンジェルスとのコンタクトだったのである。この記事ではクールスとヘルズエンジェルスの関係が暴露されている。
クールス

クールスの現メンバーの自伝「ジェームス藤木自伝」とは

クールスメンバーのジェームス藤木さんが満を持して世に出した「ジェームス藤木自伝」。クールスファンならのどから手の出る情報が満載されています。ジェームスさんが赤裸々にその当時のことを事細かく説明しているので、この本一冊を読めば当時クールスに起きた様々な出来事が手に取るように分かります。
クールス

クールス佐藤秀光の4畳半からの再出発「これで俺も終わり、クールスも終わりだ?」とは

ニューヨーク録音を終えてクールスの前途は安泰と思われた。しかし、リーダー佐藤秀光の家庭内のいざこざから奥さんと離婚してしまう。その後、弁護士を入れた奥さんから裁判を打たれてしまい、保証金やら裁判費用がかさんだことからクールス運営にもその影響が出てしまう。その日の食い扶持にも困った佐藤秀光を救ったものとは?
クールス

【ヤバ過ぎ遍歴】暴走族に所属していた芸能人トップ3※クールスとの関係は?

元暴走族の芸能人トップ3を紹介しています。一人目はバッドボーイズの佐田正樹。二人目はパンクブーブーの黒瀬純です。 そして、三人目はブラックエンペラーの7代目名誉総長の宇梶剛士です。この三人がどのような経歴を持ちどんなエピソードを持っているのか、そしてクールスのメンバーを関係しているのは誰なのか?
クールス

舘ひろし脱退※アメリカに渡ったクールスメンバーを待っていたものとは

舘ひろし脱退後、残留メンバー佐藤秀光、水口晴幸、村山一海、ジェームス藤木、飯田和男、大久保喜市がクールスロカビリークラブを結成。1978年ニューヨーク録音のため渡米。アメリカで待ち受けていたものはシャナナのマネージャーの熱狂的クールスファンという現実だった。そしてクールスは山下達郎の助力もありライブを成功させるのであった。
クールス

クールス岩城滉一70歳になって今思うこと※YouTobeと人生観について

70歳になった岩城滉一さんがYouTobe論と人生論について語っています。キャンプ好きな岩城滉一さんが家族に残してあげられる動画制作の意味とはいったい?そして、岩城滉一さんが理想としている死に方にまで言及しています。りそうな死に方とはいったいどんなものなのでしょうか?
クールス

クールスのメンバーを教えて?今はどうなっているの?

1970年代舘ひろしと岩城滉一がヤンチャな時代に作って時代の寵児に上り詰め、その後の二人の足掛かりとなったバイクチームクールスについてかたり、グループにはどんなメンバーが居たのかについて説明しています。伝説とまで言われたクールスのメンバーをご覧あれ!
クールス

岩城滉一 佐藤秀光を語る※ヒデボウは俳優の〇〇そっくりだとは?

僕のブログでは1974年12月13日に東京は原宿で結成されたバイクチームクールスについて独自な観点から取り上げ当時彼らに起きた出来事やその後の彼らの活躍について書いています。 この記事ではクールスのことについて普段はあまり触れたがらな...
クールス

舘ひろしクールスを語る※「ウナギは特上にしろよ」とは?

今や日本を代表する俳優になった舘ひろしさんが若い頃、ヤンチャをしていた時に結成したバイクチームクールスのお話です。バイクチームでありながらロックンロールバンドとしてもメジャーデビューを果たすなど時代の寵児へと昇りつめました。ヤンチャ時代を舘さんが語ってくれています。
クールス

舘ひろし心中激白「クールスには本物と偽物とがある」とは?

若い頃ヤンチャをしていたバイクチームクールスでの青春時代。バンドクールスを結成するもメンバーとの亀裂からグループを脱退することになった舘ひろし。半世紀近い流れの中で今現在の心中を激白しています。その想いとは考えとはどんなことなのでしょうか?
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました