沢尻エリカの復帰はハリウッド映画!?沢尻は女優として格が違うとは?

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク

 

合成麻薬MDMA所持で逮捕され12月6日に保釈になった沢尻エリカ。

都内の病院で再起に向け厚生を誓っているという。

自分の口では発表をしていない彼女であるが、

代わりに所属事務所のエイベックスが書面で現状を発表したのだ。

「厚生に向けて日々精進をしております」

「弁護士の先生の意見も素直に聞いています」などとしている。

保釈の際に土下座までして見せた元KAT-TUNの田口淳之介や事務所を解雇された

電気グルーヴのピエール瀧とは沢尻は格が違う。

この記事では沢尻エリカの格の違うところ。

どこが違うかについての考察をしていきたいと思う。

スポンサーリンク

沢尻エリカの復帰はハリウッド映画!?沢尻は女優として格が違う

 

そもそも、沢尻エリカは女優としての格が違う。イヤ、人間としての?

なぜなら、芸能人が保釈をされるときには決まって、

拘留されていた警察署の表玄関で深々とお辞儀をしているから。

確かに自分が起こしたことへの謝罪の念がそうさせているのは分かる。

でもしかし、その行動を見て誠意と解釈する人ばかりではないということだ。

なかには、「この偽善者め」という感覚でとらえる人もいるのである。

しかし、彼らは芸能界での復活を願いているがために

深々と一礼をしてみせるのだ。

しかし、しかし・・・

沢尻エリカは一般芸能人とは全然違うのだ。

なぜなら、玄関口からは出ないばかりか裏口から車で逃走したのだから。

沢尻エリカの謝罪記者会見はあるのか?

彼女の所属事務所であるエイベックスからの沢尻エリカの現況報告。

一国民としては「現況報告というより、まずは謝罪ではないのか!」と思ってしまう。

しかし、エイベックスは全面的に沢尻エリカ包囲網を崩さない構えだ。

保釈の際、湾岸警察署から車で逃走を図った沢尻エリカを都内の病院まで

護送したエイベックスだった。

病院に入る際には黒いシートで外部から沢尻が見えないようにガード。

そして、徹底的な警備で報道各社をシャットアウト。

沢尻エリカを特別病棟のある特別室に送り届けたのだ。

この徹底した警護に込められた沢尻に対するものは異常以外の何物でもなかった。

そして、今回の現況報告ということだから・・・

謝罪会見なんて無いのかもしれませんね。

エイベックスが考える沢尻エリカの復帰シナリオとは?

エイベックスは沢尻エリカの媚(こび)らない性格をそのままに活かしつつ

ハリウッド映画で彼女を復帰させ、事件で被った被害を一掃しようとしている。

彼女ほどの美貌と話題性を持ち合わせていれば、ハリウッド進出だって

夢物語ではないと目論んでいるはずだ。

だから、あえて「媚(こび)を売る」記者会見をやらないのではなかろうか?

こう思うのは筆者だけだろうか?

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

一般芸能人とは一線を画した沢尻エリカの行動。

沢尻エリカを取り巻くエイベックスの包囲網。

本当にエイベックスは彼女の美貌と話題性を武器にハリウッドに進出を

目論んでいるのか?

また、いつごろから本格的な行動を起こしていくのか?

今後、どのような展開になっていくのか目が離せないところですね。

ということで、今回は・・・

沢尻エリカの復帰はハリウッド映画!?沢尻は女優として格が違うとは?

というテーマでお話しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました