スポンサーリンク
クールス

クールスのメンバーそれぞれの立ち位置と上下関係とは

クールスのメンバーの立ち位置や上下関係を解説している。クールスというグループを回していた舘ひろし、岩城滉一、佐藤秀光、ジェームス藤木、村山一海が舘ひろしを「ボス」と呼ばずに「ひろし」と名前で呼んでいた意味とはいったいどんなことだったのだろうか?
クールス

岩城滉一が生涯オヤジと呼んだ安藤昇とは

この記事は岩城滉一と安藤昇の関係を解説したものである。 どんな関係だったのかを安藤昇の経歴と共に紹介している。 安藤昇に興味のあるあなたには有益な情報となっていると思う。 なので時間の許す限り読んでもらいたい。 なお...
クールス

クールスのメンバーを教えて?今はどうなっているの?

1970年代舘ひろしと岩城滉一がヤンチャな時代に作って時代の寵児に上り詰め、その後の二人の足掛かりとなったバイクチームクールスについてかたり、グループにはどんなメンバーが居たのかについて説明しています。伝説とまで言われたクールスのメンバーをご覧あれ!
クールス

【クールス】舘ひろしがCOOLSを辞める引き金になった出来事がえぐすぎた|もう二度と奴らと会うことは無いとは!

舘ひろしがヤンチャ時代バイクチームクールスのリーダーをやっていました。その後、ロックンロールバンドとしてもメジャーデビューするなど、クールスの人気は飛ぶ鳥を落とす勢いがあり、時代の寵児へと昇りつめたのでした。しかし、そんな折、 舘ひろしがメンバーとの確執からグループを辞めることに。
クールス

クールスメンバーピッピとバッドエンジェルス遠藤夏輝の関係とは

クールスにはこの人がいないとダメだったというくらい立役者のピッピこと水口晴幸さんとバッドエンジェルス創設者の遠藤夏輝さんの関係が分かる記事になっています。お互いの彼女のさくらさんと恵里子との出会いも目が離せません。男を立ててくれる彼女たちの内助の功が見れる記事となっています。
クールス

クールスメンバー舘、岩城、水口のそれぞれのオヤジは師匠だったとは?

クールスのメンバーの舘ひろし、岩城滉一、水口晴幸にはそれぞれの「オヤジ」と慕っていた師匠の存在があった。師匠の背中を見ながら映画の世界に進んでいった3人。クールスのほかのメンバーとは違った人生をどうして歩めるようになったのか?
クールス

クールスの舎弟になった遠藤夏輝の若い頃「一歩間違えれば警察沙汰」

遠藤夏輝さんの若いころの東京工業高校時代の話です。修学旅行に行った遠藤夏輝さんを待ち受けていたのは関西ではその名を轟かせていた不良の集まり、北洋高校の連中だった。一触即発状態で血を見るのは確実。そんな状態でも遠藤さんの胸に去来するものはいったい何だったのだろうか?
クールス

クールス結成に寄与したメンバー|サム、ジェームス、ピッピとは

クールスのメンバーがどのようにして集まり、クールス結成に至ったのかを解説しています。アズールとビブロスとGRASSがクールスのメンバーが集まる時に貢献していた。バーテンダーのサムはピッピとジェームスをつなぎ合わせている。ビブロスでは大久保喜市が青春時代を送り、GRASSでは舘ひろしと村山一海が出会っている
クールス

岩城滉一の若い頃と今現在|私の履歴書

クールス時代の若き頃の岩城滉一さんと今現在の岩城滉一さんについてのお話です。題して「岩城滉一の若い頃と今現在」です。岩城滉一さんの若い頃は女性がほっておけないほどモテていたとか。舘ひろしさんと出会いバイクチームクールスを旗揚げ。どうして舘ひろしさんをリーダーにして自分は陰に回ったのでしょうか?
問題解決

テレ東で放送している韓流ドラマをただで見る方法※「愛はビューティフル、人生はワンダフル」など

愛はビューティフル、人生はワンダフルを無料で見る方法を解説しています。U-NEXTの31日間無料トライアルを試して会員になった僕の体験談からメリットとデメリットそして特徴を解説しています。海外ドラマから映画、アニメまで無料で見てみましょう。雑誌もマンガも見放題だよ。
クールス

遠藤夏輝の「不良少年」時代とは?劇作家の感性は若き頃に磨かれた?

クールスの舎弟としてバッドエンジェルスを立ち上げた遠藤夏輝さん。ここでは遠藤夏輝さんの高校時代を取り上げています。不良であった遠藤さんがツッパリの真骨頂であるディスコとナンパに明け暮れていた時の模様です。どんなことを考えどんなことをしていたのか興味があるところですよね
クールス

クールスメンバー村山一海に感じ違和感とは?遠藤夏輝が暴露

バッドエンジェルス遠藤夏輝さんがクールス村山一海に感じた違和感はどんなものだったのだろうか?クールスリーダー舘ひろしに対する軽蔑感を感じた遠藤夏輝はどんな行動をとるのだろうか?
クールス

クールスメンバー大久保喜市が見たとんでもないレコーディングとは?

クールスのデビューに向けて元キャロルのメンバー矢沢永吉とジョニー大倉はそれぞれ自分の立場から手伝うことになる。矢沢永吉は紫のハイウェイを作曲し、ジョニー大倉に関しては総合プロデュースを手掛けることになっていた。しかし、クールスのメンバーの初レコーディングの日、二人が現場で鉢合わせをしてしまう。現場の気まずい空気。。。その後どうなってしまうのか?
クールス

暴走族だった芸能人が暴露|各チームの集会場所と土曜日はパーティーだったとは?

元暴走族で芸能人と言えば、宇梶剛士さんなどが有名であるがあっと驚く人もいる。その中でも作家であり、脚本家である遠藤夏輝さんが書き下ろした「不良少年伝説」では自身がルート20カークラブの総長をしていたという経験から赤裸々に暴走族の集会所での行いなどを書かれている。暴走族に興味のある人には必見の内容になっている。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました