【バスボン懐かしい】松本ちえこさんが60歳で亡くなっていた

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク

 

懐かしいアイドルがまた一人お亡くなりになりました。

1959年生まれの松本ちえこさん、60歳です。

2019年11月17日に「お母さんが起きてこないので」と娘さんが

部屋を見に行ったところ死んでいる松本さんを発見。

昭和の「なつかしい」がまた一つなくなりましたね。

今回は懐かしい松本ちえこさんを偲ぶことにしましょう。

スポンサーリンク

【バスボン懐かしい】松本ちえこさんが60歳で亡くなっていた

 

資生堂のバスボンのCMで大ブレイクした松本ちえこさん。

お茶目で可愛らしくてお茶の間の人気者でした。

欽ちゃんとの絡みなど今でも思い出すほどです。

1959年11月12日生まれの松本ちえこさんは・・・

当時、友達と歌番組の見学に行ったときにスカウトされたようです。

テレビ局の関係者から

「冗談でいいから今度番組で桜田淳子ちゃんの歌をうたってみてくれない?」

言われてうのみにして、出演したのがデビューのきっかけになったのでした。。

そして、テレビ朝日の歌謡バラエティー「前武のヤングアップ」

その中のタレントスカウトコーナーに出場して合格しています。

アイドル歌手としてシングル「ボーイフレンド」でデビューしたのでした。

しかし、彼女を一躍、お茶の間のアイドルにしてくれたのは

資生堂のCMでした。

バスボンという石鹸のCMでしたね。

ここでは著作権の関係でご紹介することはできませんが、

今でも口ずさむことができるほど鮮明に覚えています。

昭和生まれのあなたはどうですか?

おぼえておりませんか?

スポンサーリンク

松本ちえこさんの芸能遍歴について

 

アイドルとなった松本ちえこさんは萩本欽一さんとの絡みなど

多彩な才能を見せていました。

しかし、彼女の芸能活動に変化が訪れることになるのです。

それは、日活ロマンポルノに出演するということでした。

その後、ヘアーヌード集も出したりしたのです。

当時の事務所ではあまり芸能活動を積極にやることなく

昔懐かしいようなオファーなどを受けるにとどめていたようです。

また一つ、昭和の「懐かしい」が無くなってしまいました。

スポンサーリンク

まとめとして

 

昭和懐かしいがまた一つなくなりました。

松本ちえこさんのあの笑顔が見られないと寂しいです。

資生堂の石鹸のバスボンの歌を何回の聞いてしまいました。

何時までも「懐かしい」思い出に残る歌声です。

松本ちえこさんのご冥福をお祈りします。

以上、【バスボン懐かしい】松本ちえこさんが60歳で亡くなっていた

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました