あびる優の離婚は「依存」が原因だった※芸能界にはびこる〇〇とは?

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク

 

あびる優さんが離婚していたことが明らかになった。

お相手は格闘家の才賀紀左衛門さん。

子ども親権のことでどっちがとるのかがSNS上で問題になっている。

親権はどっちがとることになるのか?

また、離婚には隠された事実があるという。

才賀紀左衛門さんが取材に応じてくれた。

証言を交えながら真相を考察していきたいと思う。

スポンサーリンク

あびる優の離婚は「依存」が原因だった※芸能界にはびこる〇〇とは?

 

二人は結婚5年を共に暮らす夫婦だった。

長女5歳と次女3歳がいる。

ともに芸能界で活動をする芸能人夫婦。

時間のすれ違いや仕事の忙しさからのすれ違いがあったに違いない。

しかし、才賀紀左衛門さんから出た言葉は意外なものだった。

あびる優は子どもの面倒より「酒に依存をしていた」

最近では沢尻エリカが合成麻薬MDMAで逮捕されたことが話題になり、

沢尻を取り囲む会の「沢尻会」のメンバーでもあるあびる優さん。

沢尻会は不定期で会を開いていたようであるが、沢尻エリカさんを取り囲む

芸能界のタレントさんたちが集まり、飲む会である。

その集まりでは1次会の他に2次会もあり、明け方近くまで飲むことも。

あびる優さんは沢尻会では主力メンバーだったので、当然飲む機会が多く、

家を留守にすることがあったようだ。

あるときは、遅くに帰ってきて大騒ぎをするので、

寝ていた子供たちを起こしてしまい紀左衛門さんが注意するも、

その後も直らなかったという。

こんなこともあったという。

それは3歳の次女を飲み会に同席させたものの、邪魔になり

家に子供を送り届けてから、再び家を留守にしたこともあったという。

才賀紀左衛門さんはこんなあびる優さんの酒癖を何度も

「酒を飲むのも控えてくれ!」とお願いしたが

その後も、あびる優さんの「酒癖」は治らなかったという。

才賀紀左衛門さんは以下のように証言した。

彼女は「アルコール依存症で、アルコールを断つことができなかった」と。

スポンサーリンク

芸能界に蔓延している「依存」は薬物だけではなかった

 

芸能界には薬物依存の他にアルコール依存も蔓延しているんです。

なぜなら、仕事がら「経済的自由」を実現できるものだから、

必然的に「バラの日々」に身を寄せてしまうのです。

ついつい、飲み屋街に足が向いてしまうのは男性ばかりではありません。

男性は魔性の「ホステス達」にちやほやされながら、別世界に誘ってくれる。

一方、女性は仲間たちと飲んだり、踊ったりして時を忘れて、

ストレスを発散できる酒場。

芸能人は仕事がら売れてくれば、ギャラをたくさんもらえるようになり、

経済的自由を手に入れることができるので、ついつい酒場に足を運んでしまう。

「飲み、打つ、買う」は今でも人間を破滅に追い込んでいく、三種の神器なのです。

ということで、芸能界の依存は麻薬だけでなくアルコールもあるということですね。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

あびる優さんと才賀紀左衛門さんの離婚はあびる優さんのアルコール依存が

理由だったということが分かりました。

才賀紀左衛門さんからの取材で事実が判明したのですが・・・

あくまでも紀左衛門さんからの一方的な証言です。

実際のところ、あびる優さんの所属事務所に「真相を聞かしてください」

取材を申し込んだものの、取材拒否されたのです。

なので、裏付け自体は取れていない状態なのです。

果たして、才賀紀左衛門さんの証言は真実なのでしょうか?

真相はいかに!?

以上、あびる優の離婚は「依存」が原因だった※芸能界にはびこる〇〇とは?

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました