舘ひろし心中激白「クールスには本物と偽物とがある」とは?

スポンサーリンク
クールス
スポンサーリンク

僕のブログでは舘ひろしさんがリーダーを務めたバイクチームクールスについて

独自な観点からとしてお届けしております。

僕の記事の特徴は当時の写真だったり、バンドCOOLSの楽曲紹介記事ではなく

クールスに起きた出来事やメンバー一人一人に起きた出来事を取り上げ記事として

お届けしております。

今回お届けするのは暴走族では一つの時代を築き上げた東北連合2代目総長、

鈴木康之さんが40年前のクールスとの出会いから現在に至るまでを振り返り

思いを語っておられます。

この記事を見ることでクールスリーダー舘ひろしと東北連合2代目総長・鈴木康之との

関係が分かると共に舘ひろしさんが現バンドCOOLSのことをどのように考えているのかが分かるようになっています。

なので時間の許す限り見ていただけたならと思います。

スポンサーリンク

鈴木康之と舘ひろしの出会いはバスの中だった

 

10年ひと昔と言うけど思えばもう40年付き合ってる事になる。
30周年の時も早いと思ったけど何だかあっと言う間だった。

今日はボスの誕生日。
ここに集まったメンバーの心はあの頃と何も変わってない。

思えば郡山でコンサートやるバンドは全部潰しに行った。

キャロルもダウンタウンもソロになった矢沢なんてビビって郡山に暫く来なかったぐらいだ。

勿論クールスが来たときも潰しに行ったけどこいつら他のバンドと違う。
俺らと同じ臭いがした。

何と言うか本物、本物の不良の臭いがした。

確かあれは佐藤三郎から「東京にちょっと気になる連中がいる」と言われたのが

クールスでそのリーダーが舘ひろし、ボスだった。

佐藤のオヤジから舘ひろしが出ている「暴力教室」という映画を観て見ろと言われ

しぶしぶ見たのが始まりだった。

映画を観た俺の印象は決して演技はうまいとは言えない舘ひろしだったが

「こいつは本物の不良だ」と思ったのを覚えている。

それからどのくらいしたのか忘れたが、クールスを郡山に呼ぶことになった。

映画に出ていた舘ひろしに直接会えることになるので、俺はできる限りのもてなしをして

クールスを迎えることにした。

俺と舘ひろしとのファーストコンタクトはバスの中だった。

コンサートは今はなき「郡山セントラルホール」プロレスの興行にも使われた広い会場を

用意をし、若い衆が頑張って売ってくれてチケットは完売していた。

俺達は駅までメンバー迎えに行った。

すると車に乗った舘ひろしは開口一番「ここの頭は誰なんだい?」と。

まさか同じ車に乗って迎えに来てるとは思わなかったんだろう。

後日分かった事だがボスは相当俺の事を警戒してたらしい。

と言うのもワンステップの時、矢沢をボコボコにした事もあって周りから

「鈴木には気をつけろ。ヤバいから」と随分聞かされたらしい。

そのせいか事務所やレコード会社など何だか やたら取り巻きが多かったのを覚えている。

俺は俺で映画は見てたので正直あまりのカッコよさにと少々緊張していた。

「私が今回の責任者の鈴木です」

そしてこのコンサートがチャリティーである事や趣旨を説明。

すると急速に俺に興味を持ってくれたのが分かった。

コンサートは大盛況に終わりボスは満足そうだった。

スポンサーリンク

舘ひろし苦渋の決断 クールス脱退のわけと誕生会

 

それ以来COOLSのコンサートを郡山で10回。仙台でも2回主催した。
仙台でさえ満員にしたので当時のプロモーターが目を丸くしてたよ。

「我々でもこんなに入れられません」と。当たり前だよ。

こっちは東北連合だ!結束力が違うんだよ。

ボスに会うのは毎回楽しみだった。
何度か会ううちに気ごころが知れて来てお互いの夢やいろいろな相談をする事もあった。

「俺はいつか総理大臣になりたいんだよ」

そんなある日の事
ボスがCOOLSを脱退する事が公になった。
マスコミは自分で結成してリーダーでもあるのに無責任だとの非難した。

ボスの最後のライブ
中野サンプラザ
ボスだけが楽屋が別だった。
それでも開演前という事もあるのだろういつもと同じように談笑していたがふと2人だけの瞬間になった時、急に顔を曇らせ俺との目線を逸らした。
そして立ち上がりボソっとこう呟いた。
「なぁ鈴木・・・ 頭ってのは・・・ さみしいな」
あの時のボスの顔は今まで見た事もない悲しい顔をしていた。

ボスがCOOLSを抜ける!
この話を聞いた時「あーきっと一海と秀光のせいだ」とわかった。
女と金の無心だったうえにあいつらの窃盗問題の時、数百万のお金を肩代わりしてケツ拭いたのはボスだった。
もうそんな奴等の面倒に疲れたんだろう。
俺はそう思った。

脱退後のボスの活躍はご承知の通り。
役者として大成功。日本を代表するは俳優になった。
同時に少しずつ縁遠くなっていった。
それは住んでる世界が違うこと。
そして病気してしまった今の自分をボスに見せたくない。
そんな想いからだった。
ボスが俺をどう思ってたかは知るすべはないがお互いあの当時は所謂「ツッパっていて」カッコいい生き方をしていた。
だからこそボスにはそのイメージのままで残しておきたかった。

正直に言えば何度かボスに会いたいとは思った。
でも芸能人になったボスに会う事は出来ない。
俺なりの仁義でありボスへの愛情表現だった。

そんなボスから連絡が入る。

会いたいと。
誕生日会をやるからと。
しかもピッピも含めたCOOLSのメンバー(問題のある奴は呼ばれなかったが)とこの俺だけ!

「鈴木 俺は新幹線で郡山を通過する度にどうしてるかな?と切なくなってるんだよ」

本当に身内だけのボスの誕生会。

俺に断る理由がなくなった。

そして今日ここに集まったメンバーは80になっても一緒に飯食ったりしてる気がする。

なんたって本物同士だからだ。本物の不良同士だからさ。

ボスが作ったクールスは当時から知ってるヤツからしたらこれが本物だ!

クールスと呼べるのはここに写ってる人間だけだ!

看板汚して中身ボロボロでも「俺たちはクールスです」てやってんのはみっともない。

それは「ニセクールス」だ。

ボスが「鈴木、人選ミスがあったよ。若かったからな」

皆んな笑ってたけど、仲間裏切んのは最低だ。クールスじゃない。

ボスが認めてないんだからあれはクールスじゃないんだ。

ということで今回はこの辺で失礼します。

舘ひろしさんが67歳のバースデイパーティーでポロリと漏らした一言が印象的でした。

ご自分がバンドクールスから身を引かれた後に今なおやっているバンドクールスは

本物のクールスではないと考えていることがわかりました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました