エッセイブログの稼ぎ方を説明|独自の切り口で気に入ってもらおう

ブログで稼ぐ
スポンサーリンク

 

エッセイを書きながら稼ぐ方法を解説しています。

エッセイといってもいろいろなジャンルがあるし、

エッセイ自体を知ることも大切。

なぜなら、稼ぐには戦略が必要になるからです。

エッセイを書いてブログで稼ぐ具体的に説明をしていきます。

なので、稼げていない方やブログ初心者には価値ある記事だと思います。

最後までチェックしてやり方を習得してみてください。

キットあなたのお役に立てるはずです。

スポンサーリンク

エッセイブログの稼ぎ方を説明|独自の切り口で気に入ってもらおう

 

エッセイブログの稼ぎ方を説明するのにはエッセイ自体の理解が必要です。

説明その1、エッセイとは?

説明その2、エッセイのジャンルを知る

説明その1、エッセイとは?

エッセイを理解するのには日記との違いを理解すると良いでしょう。

日記というのはいつ、どこで、何をしたかについて書くものです。

例えば、今日は渋谷の109にパンツを買いに行ってきました。

一方、エッセイはこの日記の中に、自分の体験や意見を加えたものです。

例えば、今日は友達の智子と一緒に渋谷に行ってきました

なぜなら109に行って、今はやりのファッションを見たいから。

実際に見た感想では・・・

ユニクロのような誰にでも合うファッションではなく、

個性豊かなものがたくさんあり、センスが無いと選べないこと。

ファッションについての知識を磨かないといけないことを痛感しました。

こんな感じですね。

ということで、自分の体験や意見を取り入れて書くことでエッセイになるのです。

説明その2、エッセイのジャンルを知る

エッセイにはジャンルがあることを知っておきましょう。

そもそもエッセイを日本語にすると随筆と訳せるのです。

随筆っていうと「春はあけぼのやうやう~」枕の草紙が思い浮かびますが、

清少納言がその時代を描くのにはこの随筆がぴったりだったのでしょう。

ジャンルとしては・・・

ジャンルその1、日常を綴つづるもの。

ジャンルその2、作品に対する意見。

ジャンルその3、ニュースに対する意見。

ジャンルその4、雑学的なエッセイ

ジャンルその1、日常を綴つづるもの。

日常生活を綴っていくものは、将来的には自分史にもなるし、

その時代の歴史資料にもなりうるものです。

それには、権威性や専門性を入れ込んで書くことで、歴史的な価値を

提供できるものになるのです。

自分史的なものになるものでは、自分の意見や感想を

盛り込んでいくと良いでしょう。

感情的な動きなどを盛り込むことで、そのときの感情が読み取れる

エッセイが書けるようになるのです。

ジャンルその2、作品に対する意見

特に書籍などについての意見を綴ったエッセイです。

本を読んだ時に感想を書いてみることです。

作者が伝えたいことはどうだったのかを書くのも良いでしょう。

何を書こうとしたのかを自分なりにまとめてみる。

たとえ的外れでも良いので、自分はこう思ったということを書いてください。

ジャンルその3、ニュースに対する意見。

ニュースに対しての意見というのも本と同じこと。

ニュースに対しての自分の意見を書いていけばよいのです。

感じ方や捉え方は人それぞれ。

なので、自分の切り口で書くことが大切なのです。

なぜなら、自分の個性となり読者を集められるようになるから。

ジャンルその4、雑学的なエッセイ

雑学的なエッセイに適している題材としては興味があることですね。

なので、自分の趣味とかが良いと思います。

体験談や意見をより深く書くことができるので、オリジナリティーが出るのです。

以上、エッセイのジャンルについて書いてきました。

ジャンルにはいろいろなジャンルがあることが分かったと思いますが、

自分の意見をオリジナリティーあふれた切り口で入れていくというのが

より良いエッセイを書くコツだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

エッセイを題材に選びブログで稼いでいく方法を解説してきました。

今回のおさらいをしておくと、エッセイは日記に自分の意見や体験を入れること。

エッセイにはジャンルがあるけど、個性的な切り口で意見や体験談を入れること。

以上を学んできました。

いかがでしたか?

個性的な切り口で書くときには、ちょっとしたトリビアを入れてみてください。

出来れば、目からウロコ的な情報を入れるのが良いでしょう。

文章は起承転結で書くことです。

転の部分でトリビア入れるようにしてください。

それでは今回は・・・

以上、エッセイブログの稼ぎ方を説明|独自の切り口で気に入ってもらおう

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました