【千葉 市原】台風で倒壊したゴルフ練習場のポール 最後の1本が撤去

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

 

9月にあった台風15号の影響で、近隣住宅に倒れかかっていたゴルフ練習場の

倒壊した最後のポールが取り除かれました。

倒壊してからすでに2か月がかかってしまっていた。

工事費として1億円がかかるとされていた工事の費用が誰にも捻出できないことで

ここまで工事が遅れてしまっていたのだった。

では今回、誰が工事費を負担したのだろうか?

ゴルフ場運営会社が負担したのだろうか?

それとも被害を受けた住民たちが費用を出し合ってのことか!?

それとも、市原市が千葉県が!?

しかし、それもこれも違うのです。

その答えは、無料奉仕の慈善業者だったのです。

その業者はTwitterでその慈善事業がツィートされ知られるようになりました。

そのツィートというのが次のツィートです。

 

 

この施工業者はどうして無料でやったのでしょうか?

その辺については建設業35年のぼくが解説したいと思います。

スポンサーリンク

台風で倒壊したゴルフ練習場を片付けたのは慈善奉仕の心!?

 

 

台風で倒壊したゴルフ練習場を片付けたのは慈善奉仕でのこと!?

確かに解体業を営んでいる株式会社フジムラは慈悲の心から

手を差し伸べたのだろうと推測します。

でもしかしですよ。

1億円もかかる費用を無料でするなんて、誰が考えたっておかしいですよね。

どんなに富豪でお金持ちの人でも「ハイ、1億円」と寄付しますか?ということです。

だって、1億円と言えば・・・

一般サラリーマンの40年分の給料ですよ。

ということで、一生涯で稼ぐ金額に匹敵するぐらいの額ということですからね。

このような金額を寄付できるのはさすがにいないのではないでしょうか!

では、なぜ株式会社フジムラは奉仕を決断したのでしょうか?

それは、慈悲の心と営業を兼ねてのことだと確信します。(あくまでも私見)

スポンサーリンク

建設解体業のブラックホールを暴露|実費は残材処分で賄える

 

 

建設工事には基礎工事から始まりハウスクリーニングまで30業種くらいの

専門職が存在します。

番外編として、建設解体業があるのです。

いわゆる、解体屋さんですよね。

今回の株式会社フジムラはこの解体業者さんです。

解体業者は建物の解体をした後に、解体から出る残材を処分をして敷地内を

きれいに整地まで請け負う建設業者さんのことです。

今回は倒壊したポールの処分が主な仕事になっていましたが、

倒壊したポールをトレーラーなどで運ぶにあたり、ポールを切断しなければなりません。

切断するには大きな重機が必要になり、熟練した卓越した技術も求められる

大変難しい仕事内容だったと思います。

工期については2か月かかると言われていた工期を半分の1か月で完工。

凄い技術集団だと脱帽したほどです。

そして・・・ここからが本題です。

今回のポールについては鉄でできていますよね。

だから、無料でも実費は賄えると計算します。

分かりやすく言えば、一か月間の職人に払う人工費用。

そして、重機を運び込んだ運送費用。

重機が稼働するに発生する重機損料などなど

これらの費用は鉄を処分するときにでるお金でツーペーできちゃうんです。

分かりやすく言えば、おそらくですが1000万~2000万くらいで売れたということです。

だから、無料で工事ができたということなのです。

処分をするものはすべてがお金を払って処分するわけではないのですね。

ということで、実費は鉄の処分で賄えるので損はしないということです。

スポンサーリンク

株式会社フジムラは損をして得取れで「拡散」を利用?

 

 

Twitterに投稿されたフジムラの記事は・・・

Twitterのランク付けをしているつぃっぷるトレンドで一位を取っています。

フジムラは損をして得を取れで成功したと言えるでしょう。

例えば、テレビCMで全国ネットで宣伝を打つのであれば1億くらいかかるでしょう。

それ以上のことをフジムラは無料でやってのけ、全国区っで売名しましたから。

そんなことが実現できるのはやはり、TwitterというSNSの力。

改めてSNSの底知れぬ力を思い知らされました。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

 

今回は災害を受けてえから2か月もそのままだった千葉県市原市の

ゴルフ練習場の撤去工事のことについてお話ししました。

慈善奉仕かそれとも売名行為かですが・・・

あくまで慈善奉仕の社会貢献した事業所と言いうことで報道したいですね。

それでは今回はこの辺で・・・

以上、【千葉 市原】台風で倒壊したゴルフ練習場のポール 最後の1本が撤去

・・・についてでした。

コメント

  1. 八島 より:

    自分の試算では、工期は2週間 一日作業員10名 重機オペレータ3名 日当1万5千円 そうすると、一日あたり約20万 だとすると人件費が280万円 諸経費20万で 人件費だけで300万円

    重機やトラックは自社のもあるだろうから、レンタルで一日10万円で機器費は140万円

    後は、保険とかその他経費を入れても500万円が原価だろう
    鉄材をいくらで売れるかは 知らないが、それほど高くは売れないと思うよ

    技術は、簡単だと思う
    TVでも出ていたが、切断は電動ノコの大型でやっていたし その程度でも切れる鉄の厚み 5mm程度だろう プラズマで切ったりガスで切ったりするのが一般的で早いが 火災防止と言っていたが、それは家屋部分だけの話だろう
    ゴルフ場の広いスペースなら、重機で切ったり 好きなように出来る

    焦点を当てるとしたら、倒れていない他の鉄塔だろう
    多分だが、ゴルフ練習場は廃業にして土地の売却だと思うし それにより補償をするんじゃないかな
    そうすると、他の鉄塔の撤去もここが請け負うと思う その際の利益もあるから、やれると思うけどね 

タイトルとURLをコピーしました