ブログで儲かるキーワードを生かす内部リンクとは?

ブログで正義の主張をする ブログ アフィリエイト
スポンサーリンク

 

 

ブログをやっているんだけど・・・

キーワード選定が思うようにいかず

儲かるキーワードが見つけられません。

儲かるキーワードをどう活かせばいいのですか?

 

 

このような質問をもらったので答えていきたいと思います。

これを答えるぼくはブロガー歴4年。専業アフィリエイターです。

足掛け3年というものは今回の質問者と同じように儲かるキーワードが選定できず

ほとんど報酬は0に近い状態の暗黒の時代を生きていました。

しかし、メンターとの出会いをきっかけにプロブロガーとして

独り立ちができるようになりました。

今では月の報酬額は30万円をコンスタントに超えるようになりました。

ぼくのメンターは日本でも5本の指に入るトップブロガーで月収は

軽く1000万越え。

ぼくにとっては神的存在なのです。そのメンターから教えてもらったことなので

今回のこの記事の信憑性や再現性は確実だと考えます。

それでは内容に入っていきましょう。

スポンサーリンク

ブログで儲かるキーワードを生かす内部リンクとは?

 

キーワードは自作してはいけない

 

そもそもあなたはキーワード選定はどのようにしていますか?

勝手にこんなキーワードが検索されているのではと・・・

自作でキーワードを作ったりしていませんか?

もし仮に、このようなことをやっているのであれば今すぐにやめてください。

これではいつまでたっても儲かるキーワードなんて見つかりませんから。

それではどうやってやったらいいのか具体的にみていきましょう。

キーワードの選び方

 

まずは自分が狙うジャンルでキーワード関連取得ツールで抽出してください。

今回は具体例として・・・

「オンライン 勉強」で解説していきたいと思います。

このときに、このジャンルについての商品知識があったほうが良いでしょう。

商品というか、そのジャンルについての知識ですね。

例えば・・・この場合なら自分が先生をしていたとか、

家庭教師をしていたとかです。

なぜかというと・・・

自分の経験のある分野であれば記事を書く時に、その経験が生かされるからです。

このようなことを言うと、ネットなんかで調べて書けば

いいじゃないという人がいるのですが、

体験をしたことを書くのではその記事の濃さが違ってくるからです。

なので少しでもそのジャンルに関わったことのあるジャンルを選んでください。

 

スポンサーリンク

商品の訴求の仕方を解説|あっさり、さりげなく

 

 

とかくやりがちなのがとにかく売りたいという気持ちが前面に出てしまい、

直ぐにオススメは~みたいな強引な売り込みをしてしまうこと。

商品をどうやって売るのか具体的に解説|訴求方法とは?

 

商品を売るのには強引な押し売り的な売り方はNGです。

今回の「オンライン 勉強」からキーワード関連取得ツールで抽出した

「オンライン 勉強 小学生」に向けた記事内で、「オンライン勉強でのおすすめ」を押

し売りしても駄目だということです。

なぜなら・・・

「オンライン 勉強 小学生」で検索をしてきた読者は「子どもにオンラインで勉強を教

えてくれる」教室を探しているのですから。

そこに大人などが学ぶオンライン教室などを紹介しても押し売りでしかないのです。

なので・・・

オススメなオンライン教室はこちらです。じゃダメなんで、

なお、おすすめなオンライン小学生向け教室はこちらで紹介しています。

 

このようにその検索ユーザーの意図に最適化した記事を書いているのですから

訴求の仕方はあっさり、さりげなくが良いのです。

 

「なお、おすすめなオンライン小学生向け教室はこちらで紹介しています。」

 

こちらの言い回しは何回もそらんじて覚えておくといいでしょう。

このほかにも、あっさり、さりげなくを演出できる言い回しを考えてもいいでしょう。

スポンサーリンク

ブログで儲かるキーワードを生かす内部リンクとは?

 

 

 

 

訴求の仕方が分かったと思いますので、次に内部リンクについて

見ておきましょう。

内部リンクの流し方

 

結論から言ってしまうと・・・

 

売れるキーワードは決まっているので、そこへ流す

全記事から流さなくてもよい

 

これはどういうことを意味しているかというと・・・

「オンライン 勉強 おすすめ」で書いた記事に内部リンクを貼る場合を考えてみましょう。

オンライン 勉強 アプリ⇒おすすめなアプリ

オンライン 勉強 効果⇒どのくらい効果があるのか

オンライン 勉強 資格⇒資格を取りたい

オンライン 勉強 社会人⇒社会人に向いているのか

オンライン 勉強 無料⇒無料なものは

キーワードから読者の悩みを推測して記事を作ります。

 

ロングテールキーワードから上げたいメインキーワードに内部リンクを貼る

 

そして、全記事からの内部リンクは貼らないほうが良い場合は

貼らないほうが良い。

でも、とりあえず貼っておけばいいという人がいると思いますが

クリックされないような内部リンクはSEO的にマイナスになるのでやめましょう。

「オンライン 勉強 おすすめ」の記事に対して上に載せた

ロングキーワードの記事で内部リンクを貼っていくのです。

なお、こちらの記事を参照することでなお一層理解が深まるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

まとめとして

 

今回の質問の・・・

 

ブログをやっているんだけど・・・

キーワード選定が思うようにいかず

儲かるキーワードが見つけられません。

何か良い方法とか手順があるのでしょうか?

 

この答えとしては・・・

 

キーワード関連取得ツールを使って、儲かるキーワードを抽出して

そのキーワードで記事をかくこと。その記事に向けた内部リンクを

ロングテールキーワードでの記事から貼っていく。

その訴求の仕方は強引ではなく、あっさり、さりげなくが良い

 

これが回答になるでしょう。

今回の儲かるキーワードの選定の仕方を何回も繰り返すことにより

儲かるキーワード、ひいては売れるキーワードが見つかるようになるでしょう。

ということで今回はこの辺で失礼します。

以上、ブログで儲かるキーワードを生かす内部リンクとは?

・・・についてでした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

追伸:こちらでご紹介する記事は個人ブログながら月間300万PVを

たたき出しているブログ運営者の方が言っている考え方が

書いてあります。

なので、儲かるキーワードの選定方法がより深く分かると思います。

SEOに最適化したキーワード選定の方法とは?ぶっちゃけ凄いよ!
真のライバルチェックの意味とキーワードの導き方が良く分かり 目からウロコでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました