キーワード選びには検索ニーズ入ってますか?究極な真実はこれだ!

スポンサーリンク
アフィリエイトのやり方
スポンサーリンク

高額塾に何か所も参加し、愚直に言われたことをやっているのにアフィリエイト報酬がない。いまだに初報酬すらない。もう心が折れそうだ。

この記事はこんな切実な思いを背負い、アフィリエイトに日々取り組んでいるあなたのような人のための記事となっています。

正しくない方法でいくら記事を量産しても売り上げにはつながらないのです。売り上げが立つ記事には「黄金メソッド」があったのです。成功している先人アフィリエイターやブロガーたちがこぞって教えていた方法は初心者のあなたには届いていなかったんですね。

なぜなら、アフィリエイトのスキルが無尽蔵に詰まっている先人たちは真実を教えているにもかかわらずアフィリエイト初心者のあなたには腑に落ちるまで「真実」が届いていなかったのが事実なんでしょう。

なので、この記事はそのあいまいで、頭ではわかっていても腑に落ちていない核心部分の
「キーワード選定の黄金メソッド」について「あ!分かった。そうだったのか!」というレベルにまで説明しています。なので、この記事を最後まで読んでみてください。

あなたが今まで悩んでいたことが一気に解消され、キーワード選定の黄金のメソッドを手にすることができるはずです。ここで偉そうなことを言っている僕のことをちょこっと自己紹介をしておきますね。ぼくは今現在還暦・60歳です。アフィリエイト歴5年のおやじブロガーです。

自営でやっていた不動産会社を閉めてから、インタネット業界に参入。高額塾を複数渡り歩きなんと散財したお金は400万円以上。しかし、屈折5年の間には「今どき速報」というブログで月間30万PVをたたき出す。まぁ~こんなところでしょうか。

論より証拠ということで、今どき速報で30万PVをたたき出していた時のちょっとした証拠動画をお見せすることにします。大変恐縮ですが、14秒ぐらいのショート動画になってしまいますけど、根拠にはなると思います。

 

 

ぼくのブログを読むために1000人以上の読者が見に来てくれている様子をライブ動画になっています。これを見てもらえれば、嘘でないということが分かりますよ。この動画を見て、この記事の信ぴょう性をあなた自身で判断してください。

スポンサーリンク

キーワード選びには検索ニーズ入ってますか?究極な真実はこれだ!

 

質問から入らせてください。あなたは記事を書くときにどのような手順で書いていますか?ひょとすると、何も手順を踏まないで書いたりしていませんか?または、先人たちが教えてくれた手順通りにやっているという人もいるかもしれません。

あなたが今までに教わっていたキーワード選定のお手本としては次なようなものだったでしょう。

■ツールを使って検索キーワードをいくつか洗い出す

■検索キーワードの月間ボリュームを調べる

■洗い出したキーワードから選定している

確かに上記の3つの手順は間違ってはいないのです。しかし、大事なものが抜け落ちているのです。それはターゲットを絞って検索ユーザーの意図を読み解くということなのです。

検索窓に打ち込むキーワードはニーズである

 

検索窓に打ち込むワードは検索ユーザーの「悩みや知りたいこと」のニーズだということ。ちょっと視点を変えて考えてみてください。あなたがGoogleやYahooを使って何かを検索するときには「今知りたいことに関係するワード」を入れますよね。

よくよく考えると理解できると思いますよ。自分がやっていることを検索ユーザーもやっているということなんですね。つまり、検索窓に打ち込むワードは質問ということです。
だから、僕たちアフィリエイターは質問に対する答えを書く必要があるのです。

しかし、しかし大方の人たちは「キーワードについて書いているだけ」で質問の答えになっていない場合がほとんどなのです。これでは見に来てくれた読者が「全然、探していることが書いていないや~」となってあなたの記事の先は読んでくれなくなってしまうのです。

検索窓に打ち込むワードは質問でありユーザーが「求めていること、悩みなどのニーズ」ということを感に銘じて覚えておいてください。これだけでもあなたのこれから各記事は読者に寄り添った記事になること請け合いですよ。

キーワードに沿った具体的な記事の書き方

 

それでは具体的に検索キーワードに沿った記事の書き方について解説していきますね。具体例を出しながら解説したほうが良いと思うので具体例を出します。

そうですね~例えばですが・・・ニキビケア商品のプロアクティブにしておきましょうか。ここで大切なのはターゲットを絞って記事を書くことです。なぜなら、ターゲットを絞って記事を書かないと記事がブレてしまうからです。

記事がブレてしまうと、記事の内容が読者に響かなくなり共感を得られない記事になってしまうのです。なので、どんな相手に対してこの記事を書いているのかを想像してください。例えば、今回はバスケットボール部に所属していて、男子バスケット部のリーダーをひそかに恋している中学2年生の佐藤直子ちゃんにしておきましょう。

ラブレターなんて出せないけど、ニキビだらけの顔だけは先輩に見せたくないと思っている。そんな彼女が速攻でニキビに良いニキビケア商品と探している。こんな設定で考えてみましょう。まずは記事を書くときにどんなことを考えるかということですが・・・

よくある間違いが、「そもそもニキビは皮膚の下層部に皮脂がたまり~」などとやってしまうパターンですよね。こんな記事に出会ったらげっそりして即離脱です。だって直子ちゃんはこんな情報をお求めているわけじゃないからです。

彼女が求めていることを探っていきましょう。検索窓に入れるキーワードを考えてください。そうですね~「ニキビ 直し方」「ニキビ 商品」「ニキビ 完治 速攻」などのキーワードが浮かんできませんか?なぜなら、先輩にニキビ顔を見せたくないからです。

直子ちゃんの心の中では一日も早く「ニキビを直したい」という欲求があるのです。こんな彼女に対して、ニキビのできるメカニズムを解説してもとんだお門違いということです。知らず知らずのうちに、このような過ちをやっているのが大方のアフィリエイターです。

では、直子ちゃんに響く記事を書くにはどうすればよいのでしょうか?それは・・・彼女の心にある「ニキビを直したい」という気持ちのもっと奥にある欲求を探し出すことです。ニキビを直して直子ちゃんは何をしたいのでしょうか?突っ込んで考えてください。

「勇気を振り絞ってラブレターを出したい」でも「ラブレターの具体的な書き方が分からない」でもラブレターの書き方が分かったら書きたい。そして、「素敵なところにデートに行きたい」などの気持ちが潜んでいるのです。この気持ちを読み取ったらこの気持ちに対する答えを記事で書けばよいのです。これが読者の「質問」に対する「答え」になるのです。

どうですか?大体理解してもらえましたか?この考え方、この流れを府に落として記事を書くことで、あなたの記事は飛躍的に読者に読まることになるはずです。なぜなら、読者の心に響く記事になっており、共感を呼ぶことができるからです。

スポンサーリンク

ブログアフィリエイトで一番大切なこと

 

アフィリエイトやブログの成功者たち(先駆者たち)が表現は違うけどキーワード選定の大切さについて語っています。しかし、初心者にはなかなか伝わりづらいのが確かです。仮に伝わっていればこんなにもアフィリエイトで苦戦している人が大勢いないはずです。

それではブログアフィリエイトで一番大切なことってどんなことなんでしょうか?ぼくたちアフィリエイターは検索ユーザーにものを買ってもらったり、サービスに登録してもらったりしないと報酬が発生しないものです。だからと言って、物売りが先行しては困るのです。

なぜなら、アフィリエイターの仕事というのは検索ユーザーが検索窓に入れるだろうキーワードを予測して、そのキーワードで記事を書いて問題解決をしてあげることが使命だからです。なので、考え方としては解決してあげる対価として報酬をいただくということ。

この原理原則を忘れることなく、アフィリエイトをやっていくことです。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

 

正しいキーワード選定について解説してきました。お分かりいただけたでしょうか?ちょっとでも疑問点があったなら何回かこの記事を読み直すことをお勧めします。自分で腑に落ちるまで読んでください。きっとあなたを暗黒の世界から救い出してくれるきっかけになってくれるはずです。今後アフィリエイトをやっていくにつけ一番の肝ですから忘れることなかれ。

2020年は良い意味でも悪い意味でも転換期になってしまいました。高速通信の5Gの画期的な技術に浮かれていたと思ったら、コロナウィルスの感染拡大。これを悪くとらえるのではなく足元を固めて、在宅でアフィリエイトを真剣に取り組めると考えるのです。

今回の記事であなたは素晴らしい武器を手にしました。この武器を存分に活用しながらアフィリエイトに取り組んでいってください。少しでもこの記事があなたのアフィリエイトの後押しになるように祈っています。

以上、キーワード選びには検索ニーズ入ってますか?究極な真実はこれだ!
・・・についてでした。

なお、アフィリエイトをこれから始めようと思っている場合はWordPressという記事を投稿するツールが必要になりますので、次の記事から始め方を学んでください。

 

また、始め方が分かったら正しいアフィリエイトのやり方も併せて学習してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました