次世代サイト制作ソフトSIRIUSでキラーページを作る方法

アフィリエイトのやり方

 

この記事ではキラーページをサイト制作ソフトシリウス(sirius)でサクッと作りたい人のために書いた記事になっています。

WordPressでキラーページを作るよりシリウスで作ったほうがサクッと作れてしまうのです。シリウス歴3年のぼくがシリウスの操作性にぞっこん惚れ、今でもシリウスを使い続けている魅力に触れつつ、キラーページの作り方も解説していきます。

次世代サイト制作ソフトSIRIUSでキラーページを作る方法

 

 

キラーページっていうのは、商品購入を検索ユーザーに促すページのことです。別名、成約ページとも呼び、ランディングページへのつなぎ役をしているページのことです。この記事ではシリウスで具体的なキラーページを作る方法を解説していきます。

なので、それ以外の情報は極力省いていきますなので、キラーページはどんな役割をしているの?とか、キラーページって言われている所以などの情報については別記事で説明しているのでそちらで見識を広めてください。

シリウスでキラーページを作る方法

シリウスでキラーページを作るということは「1カラムページ」を作るということです。
1カラムというと、セールスレターを思い出すとよいでしょう。セールスレターというのは文章の最初から最後まで一貫して商品の説明やメリットについて紹介しているものです。

その商品に特化した文章だけを載せているページということです。そのページにはGoogleアドセンスやらほかの広告は一つとして掲載されていません。もっぱらその商品についての説明と制約を促すランディングページ(商品公式サイト)へのお誘いだけです。

ちょっと前置きが長くなりましたので、本題に入っていきましょう。

作成画面から【エントリーページ】をクリック

 

 

次にこの画面の【上級者向け設定】をクリック

 

 

次に【このページのみ1カラムにする】をクリック

 

 

次に上級者設定画面よりnoindexにしたり、h3タグの幅を変えたりする方法です。

 

 

【定型文】をクリックすると次の3つの設定ができます。

 

設定その1、重複コンテンツ(canonical)
設定その2、検索エンジン拒否(Noindex)
設定その3、別ページへ転送(Refresh)

 

3つの設定についてはおのおの思惑があると思うので、各自設定をしてください。

また、最後になりますがh3タグの幅の調整については次のタグを【スタイル割込み】に張り付けて使ってください。幅については830を自由に調整することができます。

 

【体験談】使って分かったシリウスのメリットとデメリット

 

 

SIRIUSはアフィリエイトサイト作りに特化しているというところがメリットです。余りにもメリットが多すぎてここでは書ききれないくらいです。

初めての人でも視覚的、感覚的に作業がサクサクできてしまうのです。さすがアフィリエイター用制作ソフトっていう感じです。労力・時間の短縮ができる機能が満載なんですね。
なので、主だったものだけ紹介するだけにしておきます。次の3つです。

 

メリットその1、オフラインでもサイトが作れる

メリットその2、無制限にサイトが作れる

メリットその3、表なども簡単に作れてしまう

メリットその1、オフラインでもサイトが作れる

 

なんと驚いたことにSIRIUSはインターネットにつながっていないところでも記事を制作できてしまうんです。パソコンだけあればどんな所でも作業ができるのです。例えば、総合病院で長いこと待合室で待たされている時などは、うってつけですよね。

だって、3時間くらいは当たり前のように待たせやがるから。

菜の花の良いにおいをに誘われながら、川の流れを見ての作業なんていうのもいいですね。
こんなことができるのがシリウスなんです。ぼくの家には娘のこともがいるので、うるさいときはよく車で記事を書いていましたよ。

一方、ワードプレスではそうはいきません。なぜなら、インターネット環境がないと作業ができないからです。このようにSIRIUSは便利なんですね。

メリットその2、無制限にサイトが作れる

 

アフィリエイトのやり方はいろいろあります。中でもぺらサイトを使って記事を量産していく手法では一つのドメインにつき一つのデーターベースを使うことになります。WoredPressのような大型のサイトを作るときには気になりません。

しかし、ぺらサイトの場合には記事を量産していくのでデーターベースが気になるところです。でもシリウスでは無制限で使用できるので何の気兼ねなく記事制作に打ち込めるわけです。記事に関して以外に気を使いたくないので助かりました。

WordPressやほかのサイト制作ソフトで作った記事は1つのサイトを作るごとにデーターベースを1つ消費するのです。なのでレンタルサーバーを選ぶときにもこの点を押さえておかねばなりません。しかし、SIRIUSでは作ったサイトは、「データーベースを消費しません」

例えば今人気ナンバーワンのレンタルサーバー「Xサーバー」の「X10」プランでは使用できるデーターベースは50個までです。ちなみに比較表で分かり安物があったので拝借しておきました。

引用元はドメイン取得への道!!

メリットその3、表なども簡単に作れてしまう

 

アフィリエイトサイトには、比較記事を頻繁に書くことになります。なぜなら、レビュー記事などの成約ページを書くときには他社との商品を比較することでアフィリエイト商品を際立たせると言う効果があるからです。

比較記事を書くときには、表(テーブル)が使われるのです。ワードプレスで表を作ろうとすると大変な知識と作業量が必要になりますが、シリウスでは視覚的に簡単な作業でそんな悩みをクリアしまうのです。テーブル作成機能を使えば簡単。

その他のいろいろな装飾や吹き出しなどなど簡単な作業でできてしまうのです。

以上、ぼくがシリウスを使ってみた体験談です。そして、アフィリエイトの初心者にはシリウスをおすすめする理由です。

しかし、シリウスは有料なんでそこだけがデメリットと言えばデメリットでしょう。通常版と上位版という2種類があります。でも僕がおすすめするのは上位版です。

金額は24800円です。詳細はSIRIUS公式サイトでチェックしてください。ご自分で調べたうえで24800円が安いか高いかを判断してください。

SIRIUS公式サイトはこちら⇒アフィリエイト初心者鉄板のサイト制作ツールSIRIUS

なお、18800円の通常版はこちら⇒初期投資を抑えたい人

まとめとして・・・

ブログ(サイト)初心者には視覚的に操作ができ、簡単に記事がけてしまうシリウスについて説明してきました。今回はキラーページをシリウスで制作する具体的な方法をご紹介しました。シリウスはキラーページだけではなく、普段の記事制作でもお役に立つことでしょう。

シリウスは中規模のサイトに最適だと考えています。具体的には100記事くらいまでのサイトならちょうどよいのではないでしょうか?それ以上の大規模サイトではWordPressが良いと考えています。なぜなら、シリウスではアップする時に時間がかかってしまうからです。

もっと、キラーページの考え方や具体的な作り方についてはここでは重複コンテンツになってしまうので、書けません。なので、以前書いた次のページで読んでください。

【売れすぎ注意】キラーページの具体的な作り方を解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました