コロナショックでソフトバンクグループが危ない

スポンサーリンク
時事
スポンサーリンク

ソフトバンクはご存知、孫正義さんが作った会社です。

最初の出だしではADSLのモデムを街頭で無料で配るというパフォーマンスをやり、

急速に業績を伸ばし、通信事業に参入してソフトバンクを作りました。

今では通信事業という業務をやっている事業グループと投資をしているグループに

ソフトバンクグループは分けられます。

ソフトバンクの本丸をなす、中核事業はやはり投資だと言えるでしょう。

ビジョンファンドという投資会社を持つことにより、

世界各国のベンチャー企業に投資をしている。

投資先は主なものでも82社に上ると見られている。

ビジョンファンドはなんと11兆円という巨額な資金を運用するファンドで

孫正義さんが個人的に運営をしていることでも知られる。

しかし、コロナショックで大変なことになっているのです。

スポンサーリンク

コロナショックでソフトバンクグループが危ない

 

コロナショックでソフトバンクが危ないのです。

投資会社として成功を収めてきた孫さんでしたが、ここにきてコロナが

ソフトバンクを直撃しているのです。

11兆という巨額な資金はどこから

調達しているかと言えば、アラブの富豪たちからの

投資や日本のメガバンク三菱UFJ、三井住友、みずほフィナンシャルグループなどから

調達をしている

キャピタルファンドに資金提供するモデル

ビジョンファンドの投資モデルというのは上場をしていない新興企業に金を貸し、

莫大な資金力によって上場を果たさせ、企業価値が上がったところで利益を抜く。

というようなキャピタルファンドと言われるモデルなのです。

しかし、このファンドモデルはあたればリターンは大きいのだが、

千三つと言われるほどの、いわゆる「博打」の域を出ないのです。

投資した金が焦げ付くことが多いのが常なのです。

しかし、孫正義さんは天性の嗅覚で企業買収をしながら大きくなってきた人なので

ビジョンファンドでも自分が「これだ」と思った企業に驚愕な投資をしてきたのです。

例えば、アメリカのオフィスレンタルを手掛けているWeWorkに

一兆円規模の投資をしました。

当時の価値でWeWorkは5兆1千億円だといわれていましたが、

実際には1兆円もない企業で投資対象にするには首をひねるような企業だったのです。

なぜなら、企業価値が低かったことだけではなくレンタルオフィスというなんら

新鮮味のない事業内容だったからです。

毎年、2000億円以上の赤字を計上していた会社で、存続自体が不安視されるような

そんな会社だったのです。

その上、投資をした後にも孫正義さんはweWorkに

追加でお金を貸したりしたようです。

しかし、この投資が期待を大きく外れる投資になってしまい、ソフトバンクグループにも

悪影響が出始めてしまったのです。

なぜなら、信用格付け会社のムーディーズやスタンダード&プアーズから

ジャンクという格付けをされたしまったからです。

ジャンクというのは投資不適格で投機水準という格付けになり下がったということ。

このことが世界中の投資家に知られることになってしまい、アラブの富豪からは

資金が出てこない状態になってしまったのです。

具体的に言うと、第二のビジョンファンドを立ち上げようと思い投資を募ったが

10兆円規模の資金調達を目指したにもかかわらず、50分の一だけに終わったのだった。

このほか、日本のメガバンクでもソフトバンクにはこれ以上は融資はしないという

方針を見せているということです。

このようなソフトバンクグループですが、倒産なんて言うことはあるのでしょうか?

これについては有利子負債がなんと15兆円あると言われています。

有利子負債というのは毎月利子を上乗せして払わなければならない借金の事。

しかし、資産が26兆円あるというのだから安心。

とはいかないのです。

なぜなら、この資産というのはアリババ株の評価がほとんどだからです。

株というものは常に上下する物。

その上、中国の経済はコロナウィルスで大打撃を受けている真っ最中。

今後のアリババ株だってどうになるかわからない状態。

どうでしょうか?

アラブの富豪が資金を貸してくれれば良いのだが・・・

孫正義さんの「正義」は伝わるのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめとして、・・・

 

コロナウィルスの影響で世界のマーケットは暴落をしています。

孫さんが持っているアリババ株もしかり、暴落。

価値が半減するまでになってしまっているのです。

このままではソフトバンクグループの屋台骨を揺るがすことになってしまい、

ソフトバンクが倒産するなどと言うとんでもないことになるかもしれないのです。

そうなれば、あの天才・孫正義さんも破産するしかないのです。

ということで、投資というものは予想だにしないことが起きることがあるもの。

その点、ブログYoutubeはやればやるほど自分の資産になって行くものです。

ぼくは5年前より、こつこつと資産を構築しているのです。

ブログとYoutubeは混乱の世の中になればなるほど、一人でも稼げるので

最高の資産構築のツールと言えるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました