難しい、簡単どっち?ライバルの少ないキーワード見つけ方? 机上の空論ではない実践たたき上げのノウハウを初公開!!

SEO キーワード
スポンサーリンク

 

ライバルの少ないキーワードを見つけるのは

難しい、簡単どっちですか?

具体的な方法を教えてくれませんか?

 

こんな質問をいただいたので答えたいと思います。

という僕の自己紹介からしますね。

アフィリエイト4年の専業アフィリエイターです。

過去には月間、30万PVのブログを運営するも、ブログが圏外に。

98000円まで売り上げを伸ばしていたにもかかわらず、

1000円も稼げなくなる。

再起不能、どん底の暗黒の世界をさ迷い歩くも、

今でもブログアフィリエイトをしている。

こんな感じです。

なお、ここで説明するノウハウに関しては個人ブログにして

300万PVを達成しているブログ運営者のノウハウを使っているものです。

机上の空論ではない、実践たたき上げのノウハウをチェックしてください。

スポンサーリンク

難しい、簡単どっち?ライバルの少ないキーワード見つけ方?

 

そもそも、ライバルの少ないキーワードってなに?ですよね。

ここから説明していきますね。

あ、ちょっとその前に・・・

なぜ、キーワードを使うのか?

 

なぜ、キーワードが必要になるのでしょうか?

それは、ぼくも、あなたも一般人だからです。

もしも、あなたが芸能人だったり、著名人ならば・・・

あなたの名前は誰でも知っているので、あなたが書いた記事はほっといても

読者に読まれて行きます。

例えば、あなたが紹介した原宿のタピオカミルクティーの情報が拡散され

直ぐに有名になったりしちゃいます。

一方、あなたがそのタピオカミルクティーを紹介しても有名にはなりません。

なぜなら、あなたが有名人ではないからです。

そもそも、あなたが紹介した記事は読まれませんから。

結論として、あなたやぼくみたいな一般人がタピオカミルクティーを紹介するには

過去に検索されたキーワードを見つけ出し、そのキーワードを入れたタイトルで

記事を書くことで不特定多数の人に読まれるようになるのです。

つまり、一般人はキーワードを使って読まれる記事を書くことが必要なるのです。

分かってもらえましたか?

結論:自分の書いた記事を読んでもらうためにキーワードを使うのです。

ライバルの少ないキーワードってなに?

 

前述したように、一般人はキーワードを使うことで記事を読んでもらうのですが

ただ、キーワードを使ったから読んでもらえるわけではないのです。

なぜなら、同じキーワードで記事を書いている人がいるからです。

先ほどの例で説明すると・・・

今人気の「タピオカ」で検索する人は月間、10万人~100万人いるわけです。

確かに人気が高いので、タピオカで記事を書けば読んでもらえると

思ったら大間違い。

なぜなら、タピオカに関連する記事が約 48,900,000 件 あるから。

こんなにある中で、あなたが書いた記事がトップ10に入れると思いますか?

絶対、無理ですよね。ぼくでも絶対無理です。

次にライバルの少ないキーワードについて具体的に見ていきますね。

スポンサーリンク

ライバルの少ないお宝キーワードを探し出す

 

財宝がザクザクと、お宝を発掘するようにライバルの少ないお宝キーワードを

発掘してください。

ライバルの少ないお宝キーワードを発掘するポイントは次の3つです。

ポイントその1、需要がある程度ある

ポイントその2、購買意欲が高い

ポイントその3、ライバルが少ない

順番に解説していきますね。

ポイントその1、需要がある程度ある

 

需要があるキーワードとは検索回数が多いということ。

検索回数が多いか少ないかを見つけるのには次のツールを使います。

Googleが無料で提供しているキーワードプランナーです。

先ほどのタピオカもキーワードプランナーで検索したんですよ。

キーワードプランナーでの具体的な検索方法はこちらを参照してください。

SEOを意識しキーワードを考えよう|チェックポイントはこれだ! SEOマイスターが教える「これをやれば月間、300万PVも夢じゃない!」の内容とは?

それでは、ライバルの少ないお宝キーワードを発掘する方法ですが・・・

ある程度の需要があるキーワードを探すことです。

先ほどのタピオカでは100万もあった検索数ですが・・・

100くらいの検索数のキーワードを探すことが第一歩です。

具体的には・・・

サジェストワードを付け加えて、複合キーワードで探していくのです。

例えば・・・

「タピオカ 表参道」なら1000~10000

「タピオカ 表参道 原宿」なら10~100

このように複合キーワードを探していくことで100くらいのワードを

探し出すことができます。

この100くらいと言うのが絶妙な「ある程度需要がある」ということです。

くどいようですが、タピオカと検索してからサジェスト機能を使いながら

ワードを付け足していって、複合キーワードの中から見つけ出すのです。

ポイントその2、購買意欲が高い

月間、検索回数が100くらいのキーワードが見つかったらそれだけで

終わりではありません。

その中から、購買意欲の高いものを選び出すのです。

先ほどの、「タピオカ 表参道 原宿」で検索をする人の意図を読み解いてみると

原宿の表参道で売っているタピオカの情報を調べていることですよね。

まぁ~このキーワードで検索した人にアフィリエイトをするのであれば、

「原宿の表参道のタピオカと同じものが通販でも購入できます。

こちらからどうぞ」みたいな感じ。

このように、ライティングで誘導するのも良いのですが、もっと

購買意欲が高いお客さんを探したほうがよさそうですね。

それには、購買意欲の高いキーワードを見つけることです。

例えば・・・

「原宿 表参道 バイト」ならば10~100でして、アルバイトEXという

アルバイト求人サイトのアフィリエイトをすればよいのです。

なぜなら、表参道でバイト先を探しているユーザーなんだから求人サイトを

提示してやれば、この人にはドンピシャの情報になるのですから

成約する確率は高いと言えますよね。

どうですか? 考え方が分かりましたか?

さて、ここまで来たらあと一息です。

ポイントその3、ライバルが少ない

 

ある程度の需要があり、購買意欲の高いキーワードが見つかれば、あと一息で

お宝キーワードが発掘の歓喜を味わえますね。

でも、でもですよ。

最後のライバルチェックが一番のキーポイントかと。

難しい、簡単?に影響があるパーツです。

ライバルチェックというのは実際に探し出したキーワードで検索をしてみて

出てきたトップ10のサイトをチェックしていくことです。

具体的にさっきのキーワードで検索してみます。

出てきたサイトがすべて企業サイトでした。

マイナビ、indeedなど名だたるものばかり。

これではここで記事を書いて戦っても瞬殺です。

なので、このキーワードではダメだということです。

せっかく、見つけたキーワードがライバルチェックをしてみると

ダメになることはよくあるけれど、がっかりですよね。

なので、ライバルの少ないキーワードを探すのは難しい、簡単?

と言われれば、簡単だけど時間がかかるですかね。

それでは、ライバルチェックをして、OKになるパターンを紹介します。

パターンその1、無料ブログがトップ10内にある

パターンその2、知恵袋がトップ10内にある

パターンその3、個人サイト、ブログがある

パターンその1、無料ブログがトップ10内にある

無料ブログがトップ10内にある場合は、あなたが記事を書いた時には

上位表示(トップ10)に入る確率は高いと言えます。

なぜなら、無料ブログでトップテンに入っているということはライバルが

弱いという証拠だからです。

無料ブログについての説明はここではしませんが、無料ブログとワードプレスの

違いは大切なので、次の記事でチェックしておいてください。

おすすめなブログって無料ブログですか?それとも有料ソフトですか?

パターンその2、知恵袋がトップ10内にある

 

知恵袋がトップ10内にある場合も、先ほどの無料ブログの場合と同じでして、

ライバルが弱いという根拠になります。

なので、ライバルサイトが弱いのですから記事を書けばあなたの記事は

上位、トップ10に入る確率が高いのです。

パターンその3、個人サイト、ブログがある

 

個人サイト、ブログがある中でタイトルにキーワードがそのまま入っているか

それとも、3語のうち2語だけ入っているのか、1語だけなのか、

ぜんぜん、入ってないのか、その辺を見ていくのです。

そして、10サイトのうち4サイト以下だったらOK、それ以上だったらNGです。

この基準は体験の中から決めたものでして、保証するものではありません。

あしからず。

スポンサーリンク

まとめ

 

 

今回の質問の・・・

 

ライバルの少ないキーワードを見つけるのは

難しい、簡単どっちですか?

具体的な方法を教えてくれませんか?

 

について・・・

難しい、簡単どっち?ライバルの少ないキーワード見つけ方?
机上の空論ではない実践たたき上げのノウハウを初公開!!というタイトルで

説明をしてきました。

全体の流れ、わかってくれました?

最初は手間取ったり、つまずいたりするけど、あきらめずに

腐らずに、やり続けてみてくださいね。

今、合点のいかないことでも、時間を置くと腑に落ちることだってありますから。

また、今ブログで成功している人でも初心者の時は、あなたと同じ。

壁にぶち当たり、腐ったり、こころが折れたりしているのです。

なので、理解できるまでやり続けることです。

ぼくだって、毎日、10時間以上かけて3年間、作り続けたブログ

「いまどき速報」がバーンされて圏外に吹き飛ばされたんですよ。

1000記事以上の記事が入っていたブログですよ。

でも、腐らずに今でもブログを書いているのですから。

ということで、今回の説明は終わります。

以上、

難しい、簡単どっち?ライバルの少ないキーワード見つけ方?
机上の空論ではない実践たたき上げのノウハウを初公開!!

についてでいた。

なお、こちらの記事は非常に参考になるものです、チェックしてくださいね。

アフィリエイトで結果を出すのには何と言ってもブルーオーシャン! ライバル不在のジャンルで独り勝ちを収めるにはお宝キーワードです

コメント

タイトルとURLをコピーしました