コロナウィルスはいつまで続くのか?今までの生活に戻れるのはいつ?

スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク

 

コロナウィルスの感染拡大が続いている。

いつ終焉になるのかわからない状態だ。

そんな中、ウィルス研究の専門家からコロナウィルスに対する発表があった。

この記事では専門家の意見をもとにコロナウィルスがいつ終焉になるのかについて

考察してみたいと思う。

参考にしていただければと思う。

スポンサーリンク

コロナウィルスはいつまで続くのか?今までの生活に戻れるのは?

 

イギリスのエディンバラ大学で感染症疫学の研究者、マーク・ウールハウス教授は、

「出口戦略を模索しているが、どうやって今の大流行から抜け出すのか、大問題である」

とした上で、次のように説明している。

コロナウィルスが終息するには次の3つのパターンがある

 

コロナウィルスの終焉は科学的な見地からは次の3つが考えられる。

パターンその1、ワクチン開発

パターンその2、大勢の人が感染して免疫をつける

パターンその3、社会のあり方や行動を不変的に変える

パターンその1、ワクチン開発

ワクチン開発に掛かる時間は少なくとも1年~1年半は先になる。

ワクチンが開発されれば免疫により、ウイルスに接触しても発症しなくなる。

原理としてはインフルエンザと同じだという。

「集団免疫」の概念というものがあり、大勢の人が免疫をつければ、

ウイルスの大流行は起きないという考え方だ。

大勢というのは国民の6割ぐらいが妥当だろうと教授は言う。

アメリカではかつてない方法が取り入れられた模様。

通常では動物実験をやった後に人間に使うワクチン接種を

今月半ばに受けた人がいる。

アメリカでは莫大な対策費が投入され、かつてないペースで

ワクチン開発が進められている。

しかし、ワクチン開発が成功するかもわからない。

その上、成功したとしても世界全体での摂取が必要になるということ。

例えば、全てが順調に行ったとしても、ワクチン開発には

まだ1年から1年半はかかるだろう。

経済活動が止まっている社会状況の中で、1年から1年半も待つのでは

世界中で国が破綻に追い込まれだろう。

「ワクチン開発ををただ漫然と待つことを、出口戦略としているのでは

そんなものは戦略とは呼べない」と、ウールハウス教授は言う。

パターンその2、大勢の人が感染して免疫をつける

自然の免疫という観点からすれば少なくとも2年先になる。

イギリスでの対策は日本と同じで、医療機関がパンクしないように、

感染者をできる限り出さないようにすること。

感染者が増えれば増えるほど集中治療室が必要になる。

しかし、現状では集中治療室が不足する感じだという。

短期的には医療崩壊を起こさないようにしている。

このようにして感染をいったん抑えることができれば、

規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。

しかし、解除したことで感染が増えてまた、規制が再開されるかもしれない。

経済活動を止めている現状では国自体が持たなくなってしまう。

だから、一部を解除してまた様子を見るという形を取らざるを得ない。

この繰り返しにより、大勢の人が感染していずれ自然終息へと向かうのである。

パターンその3、社会のあり方や行動を不変的に変える

コロナに対する行動パターンや社会の在り方を変えることだ。

感染率を低くするために、自分たちの行動形式を決定的に変えることだと、

ウールハウス教授は言う。

すでにやっている対策を今後も続けることも大切である。

その上で、膨大な治験を土台にした見地から対策を練り直すのも必要になる。

コロナウィルスに対する考え方がグローバルスタンダードとして確立され、

適切な対処の仕方ができるようになるまでは、暗中模索対策になるだろう。

しかし、暗中模索の中から最善の方法を選びだそうとする行動が大切である。

この行動の積み重ねがコロナの撲滅につながるだろうし、社会の根本的な

あり方も変わってくるはずだ。

例えば、会社ではリモートワークが多用されるようになるだろうし、

会社から離脱する生き方も出てくるだろう。

スポンサーリンク

まとめとして・・・

 

コロナウィルスの感染拡大の終焉についてみてきました。

専門家の意見から終焉は2年くらいかかることが分かったと思います。

だから、これからは会社に頼らず自分の力で生きていく生き方が必要かと。

結論としては、レバレッジが効いた稼ぎ方ということで

インターネットでの稼ぎ方が良いと確信している。

ぼくがやっている方法はブログとYoutubeである。

興味のある方はブログの始め方の次の記事を読んでもらいたい。

【手順徹底解説】WordPressを使ったブログの始め方・作り方とは?
資産構築の第一歩がここから始まる。

そして、簡単に動画投稿できるYoutubeのやり方については次の記事を参照されたし

Youtubeに挑戦中!!儲けるためにやっていること

以上、コロナウィルスはいつまで続くのか?今までの生活に戻れるのはいつ?

・・・についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました